【神保町】欧風カレー Bondy(ボンディ) 神保町本店 「チーズカレー」

晩冬の平日15:30過ぎ、神田神保町・靖国通り沿いにて。

世界屈指の古書店街である神保町を代表する存在と言える、8F建てのビルに古書店が多数入居する「神田古書センター」へ。

・・・の、

裏口から、階段を上がって。

同ビル2Fのカレー専門店、「ボンディ 神保町本店」へ。

創業昭和48年、カレーにフランス料理の技法を取り入れた“欧風カレー”の元祖と称される老舗店だ。

木製調度品や赤色のソファがレトロ感を醸す店内は、場所柄のイメージもあるのか、どこか知的な気品さえ漂わせる落ち着いた空間。

隅のテーブル席に案内された。

卓上には、薬味が3種類。

オーダーを告げると程なく、蒸かしたジャガイモ×2個がバターを添えて供される。

今では欧風カレー店でよく見られる、このジャガイモを付け合わせる形式も、ボンディが元祖だ。


チーズカレー¥1480-

オーダーは、人気メニュー「チーズカレー」。

カレーは全種類、辛さを甘口or中辛or辛口から選べて、中辛をチョイスした。

銀色のソースポットになみなみと注がれた、風格ある佇まい...!

ローストしたココナッツロングと、クレソンがトッピングされている。

ゴーダチーズがたっぷりと入ったカレーは、スプーンで掬い上げると・・・

のびるッ!

のびるッ...!!

どこまでのびるんだぁぁぁぁぁーーーーーッッッ!!! とろっとろぉぉぉぉぉーーーーーッッッ!!!

そしてゴーダチーズの下には、ぷりっぷりのマッシュルームがごろごろと隠れていた。

ぷりっぷり。

シュレッドチーズを散らしたライスは、コンソメとバターで炊き上げたというピラフ風。キュウリの漬物とカリカリ梅が添えられており、彩り良い。

ブラウンソースをベースにしたカレーは、まろやかな口当たりで実にコク深く、溶け込んだ野菜と果物の甘味や風味が豊かだ。

後から追いかけるスパイスの辛味も心地良く、全てが一体化して重厚なハーモニーを織り成す贅沢な味わいに、思わず溜息が零れるほど...!

なんと高級感溢れる美味さだろうか。絶品。

カレーの聖地でもある神保町を代表する存在と言える、ここがボンディ本店。

【店舗情報】

欧風カレー Bondy(ボンディ) 神保町本店
■住所:東京都千代田区神田神保町2-3 神田古書センタービル2F
■公式サイト:http://bondy.co.jp

【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ!
【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見!
【メンズコスメ】敏感肌オトコに!ZIGEN オールインワンフェイスジェル!
【古着通販サイト】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!
【開運財布】金運の正体は機能性だ!老舗財布屋の小銭入れが超便利!
【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者・フリーライター。食べ歩いた飲食店は3000軒以上。20年来の大競馬ファン。ジョジョ4部・トニオさんのイタリア料理再現者。ゲスナー。

NEW POST新着エントリー