【秋葉原】松楽 「ワンタン麺」

R0012272-1

真冬の平日昼下がり13:30過ぎ、秋葉原・中央通り沿いにて。神田明神通りと交わる交差点手前の、ビルとビルの狭間で・・・

R0012302-1

ひっそりと暖簾を掲げる、ラーメン店「松楽」へ。

R0012338-1

創業昭和8年、秋葉原に神田青果市場があった時代から営業を続ける老舗店で、秋葉原エリアのラーメン店では最古の歴史を誇る。

R0012393-1

うん?

R0012429-1

暖簾ではなく、のぼりを横向きにして掲げていた。松楽自慢のワンタン麺、とある。

R0012975-1

カラカラと引き戸を開けて入店。

R0012745-1

店内はカウンター×10席のみ。2003年~04年にかけて店舗ごと建て替えを行いリニューアルされているが、依然昭和の空気感が漂う簡素な造り。

R0012921-1

入口脇の券売機で食券を購入して。

R0012865-1

奥側の席に着いた。卓上調味料は、お酢、白胡椒、ラー油。割り箸をパキッと鳴らして待つ事しばし。

R0012763-1
ワンタン麺¥750-

件の「ワンタン麺」が登場。

R0012773-1

うん、昔なつかし東京ラーメン!

R0012786-1

ほろっとやわらかなチャーシュー×1枚と、刻み白ネギと、メンマと。

R0012818-1

ちゅるんちゅるんの皮に包まれた、大きな肉厚ワンタンが5個も入っている。

R0012816-1

食べ応えアリ!

R0012789-1

琥珀色のスープは、野菜の甘味がまろやかに溶けた、鶏ガラベースの清湯醤油。

R0012805-1

優しく穏やかな味わい。どうだ俺はスゲェだろ!って主張が皆無。

R0012839-1

麺はかん水で黄色みを帯びた、歯切れ良い中細ストレート。このスープと一緒にいることが当たり前のような馴染み方で、全く食べ疲れない。

R0012905-1

何気ない日々と共にいてくれるラーメン。きっと、かつても、これからも。

R0012933-2

ちなみに、基本のラーメンは550円。つけ麺、タレで和えた麺、そういうのもあるのか。

R0012938-1

カラカラと引き戸を開けて退店。今日一日がいい日でありますように、の言葉に見送られて。

R0012325-1

古きと新しきが混在する街、秋葉原。

R0014214-4

いい一日になりそうだ、秋葉原。

【店舗情報】

松楽
■住所:東京都千代田区外神田1-11-9

【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ!
【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見!
【メンズコスメ】敏感肌オトコに!ZIGEN オールインワンフェイスジェル!
【古着通販サイト】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!
【開運財布】金運の正体は機能性だ!老舗財布屋の小銭入れが超便利!
【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者・フリーライター。食べ歩いた飲食店は3000軒以上。20年来の大競馬ファン。ジョジョ4部・トニオさんのイタリア料理再現者。ゲスナー。

NEW POST新着エントリー