シグナル・ロッソ。

役者・秋山駿によるグルメレポートを中心とした、東京都と神奈川県の地域情報発信サイト!

Arrow
Arrow
今週は日本ダービー!【東京競馬場グルメ】特集!
Slider

深海生物にタッチしたり味わえる!池袋サンシャイン水族館で「ゾクゾク深海生物」イベント開催!

   

東池袋・サンシャインシティ内の水族館「サンシャイン水族館」にて、2017年1月27日(金)~3月5日(日)の期間限定で、水深数百mの深海に棲む生き物をテーマにしたイベント「ゾクゾク深海生物」が開催される。

サンシャイン水族館は毎年冬に深海生物採集を行っており、水圧の違いなどから飼育が難しい深海生物の展示に挑戦。今冬の採集後も大切に持ち帰ってケアした上で、公開できる生物は「深海で採集してきた生き物からゾクゾク展示します」水槽、「冷たい海」水槽、「生き物たちの不思議」水槽にて展示するそう。

ダイオウグソクムシ、オオグソクムシ、メンダコ、ミドリフサアンコウ、オオコシオリエビ、アカザエビ、トックリウミグモ、センジュエビなど、展示生物の状況についてはサンシャイン水族館公式Twitterにて随時発信。

また期間中は、とても冷たい海水の中で深海生物の奇妙なフォルムにゾクゾクしながらタッチできる「深海生物ゾクゾクタッチ」(料金:300円、定員:20名、1日数回開催予定)や、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の装置やミニカップラーメンを使用して水圧について楽しく学べる「水圧実験」などのイベントを実施。

館内カフェ「カナロア カフェ」では、深海生物をイメージした「グソクムシケーキ」、「リュウグウノツカイケーキ」のほか、深海生物が味わえる「深海汁」を提供(※期間中の計6日間のみ、各日限定50食)。

さらに、グッズショップ「アクアポケット」では深海生物グッズを特集し、サンシャイン水族館オリジナル商品「ダイオウグソクムシスリッパ」や巨大なメンダコのぬいぐるみ等を販売する。

この時期しか見ることのできない珍しい深海生物たちに会いに、サンシャイン水族館へ是非お越しくださいとのこと。

■公式サイト:http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/index.html
■公式Twitter:https://twitter.com/Sunshine_Aqua
■公式Facebook:https://www.facebook.com/Sunshine.aquarium.official/
■所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
■営業時間:10:00~20:00(4月~10月)、10:00~18:00(11月~3月)
※最終入場は終了1時間前、変更の場合あり。
■入場料金:大人(高校生以上) 2000円、子供(小・中学生) 1000円、幼児(4才以上) 700円、シニア(65才以上) 1700円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでシグナル・ロッソ。をフォロー!

 - プレスリリース・店舗ニュース

 PR 注目記事

【愛用中】メンズコスメ ZIGEN(ジゲン) オールインワンフェイスジェル【通販購入】

【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!【使用中】

【古着通販】ベクトルパークで人気ブランドのサングラスを格安購入!【ファッション】

 YouTube 秋山駿TV最新動画

特集記事

1
【ジョジョ】トニオさんのイタリア料理を再現してみた・改 まとめ【第4部】

※トニオさんのイタリア料理再現とは 漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第4部・コミックス第33巻に登場するイタリア料理人スタンド使い、トニオさんことトニオ・トラサルデ ... 全文表示>>

2
【東京競馬場グルメ】レポート まとめ記事(フジビュースタンド)

競馬の祭典「日本ダービー」の舞台として知られる「東京競馬場」は、日本最大の公営ギャンブル場。収容人数22万人超、スポーツ施設としても世界第2位の規模を誇る広大な ... 全文表示>>

3
【中山競馬場グルメ】レポート まとめ記事(メインスタンド)

売上高世界一を誇る年末の風物詩「有馬記念」の舞台として知られる「中山競馬場」は、「東京競馬場」と共に日本を代表する公営ギャンブル場。収容人数約17万人の場内には ... 全文表示>>

4
【新横浜ラーメン博物館】全店舗グルメレポート まとめ記事

1994年の開館以来、全国各地から40店舗以上のラーメン店を招聘してきたラーメン専門のフードアミューズメントパーク「新横浜ラーメン博物館」。食をテーマにした体験 ... 全文表示>>

5
【秋葉原みやげ】萌え菓子(痛菓子)+ネタ菓子レポート まとめ記事

日本最大の電気街であり、世界最大のオタク街、“聖地”アキバこと秋葉原。2005年頃からのアキバブーム・オタク文化ブームによる大衆化も影響し、いまや多くの外国人観 ... 全文表示>>

6
【横須賀みやげ】レポート まとめ記事

農漁村から開国を経て異国情緒溢れる軍港の街となった、神奈川県横須賀市。近年は“カレーの街”としても全国的な知名度を得る横須賀の、市内中心部の注目スポットで発見し ... 全文表示>>