シグナル・ロッソ。

役者・秋山駿によるグルメレポートを中心とした、東京都と神奈川県の地域情報発信サイト!

Arrow
Arrow
【海軍カレー】横須賀の巨匠にインタビュー取材
Slider

日本一のナポリタンを決めるイベント!「カゴメ ナポリタンスタジアム 2017」が東京スカイツリータウンで開催!

   

大手食品メーカー「カゴメ株式会社」が主催する、全国の絶品ナポリタンを集めた実食イベント「カゴメ ナポリタンスタジアム 2017」が、来月5月13日(土)・14日(日)の2日間、「東京スカイツリータウン」4階スカイアリーナにて開催される。

同イベントは、2013年11月に「横浜赤レンガ倉庫」で初開催されて以来となる2回目の開催。今回は、事前に全国9エリアで実施された地方大会を勝ち抜いた10店舗が出場し、2017年のナポリタン日本一を競い合う。

地方食材をふんだんに使ったナポリタンから、一般的なナポリタンのかたちに捉われない個性豊かなナポリタンまで、ご当地の魅力が満載のナポリタンが大集結。今まで見たことや味わったことのない、バラエティに富んだ逸品ばかりが出揃うそうだ。

グランプリは、4月3日(月)~5月13日(土)の期間に公式サイト上で行われる事前WEB投票と、大会当日に実施される来場者による人気投票を合算する形で決定。まだ世の中に知られていない隠れた絶品ナポリタンを、一人でも多くの方に知ってもらいたい、味わってもらいたい、そしてナポリタンを好きになってもらいたいとのこと。

購入は食券制で、1食につき1枚500円の食券が必要、食券1枚につき投票券が1枚付くシステム。入場料は無料。

「カゴメ ナポリタンスタジアム 2017」出場店舗

【北海道大会 代表】

<函館の旨味が凝縮された、ナポリタンの常識を覆すナポリタン!>

■店舗名:Caldo Calcio(カルドカルチョ)
■住所:北海道函館市花園町22-26 メゾンパティオ花園1階
■ナポリタン名:函館イカナポリタンブラック

函館付近のイカと野菜を使い、地産地消を心掛けたナポリタン。“真っ黒なのにナポリタン!”という驚きに加えて、ナポリタンならではの懐かしさも味わえる逸品。麺は、モチモチとした食感の生パスタを使用しているのも特徴です。

【東北大会 代表】

<日本の国民食であるナポリタンとインドカレーが組み合わさった、グローバルナポリタン!>

■店舗名:スパゲティハウス ニューチャーリー
■住所:福島県福島市曽根田町1-18 ダイユー8MAXふくしま店1階
■ナポリタン名:インドリタン

店舗自慢のモチモチ太麺を使用したケチャップナポリタンと、挽肉たっぷりのオリジナルインドカレーの最強タッグを一皿にのせた魅惑の逸品。サイドにはフォークでくずせばまろやかになる、福島市飯坂温泉名物「ラヂウム卵」をトッピング。お米は福島県産「天のつぶ」を使用し、ナポリタン・カレー共に、抜群の相性を楽しめます。

【関東甲信越大会 代表】

<神奈川県産の野菜をたっぷり使用!レトロな横浜を感じる太麺ナポリタン!>

■店舗名:隠れ家酒場 横浜ブギ
■住所:神奈川県横浜市中区南仲通2-25-1 横浜エクセレントⅫ地下1階
■ナポリタン名:横浜ベジナポ

三浦、鎌倉、藤沢、平塚、厚木、小田原など神奈川県各地の美味しい野菜をふんだんに使ったナポリタン。オリーブの実、アンチョビやバジル、オレガノなどのハーブも加えており、本格的な味わいです。

【関東甲信越大会 代表】

<長野県安曇野市ならではの、りんごを使ったスイーツ風ナポリタン!>

■店舗名:食事処 美里
■住所:長野県安曇野市堀金烏川5059-10
■ナポリタン名:安曇野林檎ナポリタン

りんごで有名な長野県安曇野市ならではのナポリタン。りんごバターに、紅玉のジャム、シナモン、千切り状の安曇野産りんごとモッツァレラチーズを混ぜていただく、個性派の逸品です。

【北陸大会 代表】

<カラフルな能登野菜が、まるでジュエリーのようなミートソースナポリタン!>

■店舗名:洋食とデザートのお店 ミエル
■住所:石川県河北郡津幡町北中条2-15
■ナポリタン名:能登の食材を煮込んだミートソース版ナポリタン

能登豚の粗挽きバラ肉と、能登野菜をじっくり煮込んだミートソースを使用。能登野菜は、カラフルな人参、大根を使い紫色、黄色、オレンジや白など鮮やかな色彩に加え、様々な食感も楽しめる逸品です。仕上げにのせられた、フライドオニオンのシャキシャキ感もアクセントになっています。

【東海大会 代表】

<前回王者が作る、洋食の人気者がゴージャスに盛られたナポリタン!>

■店舗名:洋食のことこと屋
■住所:愛知県長久手市池田47-1
■ナポリタン名:トロトロ玉子のナポリタン ハンバーグON

ナポリタンにトロトロ玉子、こだわりのデミグラスソース、さらに八丁みそを隠し味に入れて煮込んだハンバーグやチーズフォンデュなど、一皿で洋食の全てが味わえると言っても過言ではないナポリタン。店舗では、名古屋らしく熱々の鉄板で提供しており、混ぜ合わせながらいただくと、より一層美味しい逸品です。

【関西大会 代表】

<熟成生ハムがポイント!特別な日に食べたい、ちょっと贅沢なナポリタン!>

■店舗名:KICHIRI
■住所:大阪府大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング8階
■ナポリタン名:イタリア直送!18ヶ月熟成生ハムのチーズたっぷり贅沢ナポリタン

イタリア直輸入の生ハムをふんだんに使用。イタリア産エクストラバージンオリーブオイルを使用し、上質な味わいが楽しめる一皿です。生麺の表と裏で焼き方を変える工夫をしており、食感の違いが楽しめます。

【中国大会 代表】

<女性の美と健康を応援する、地元で話題のカレーとコラボしたナポリタン!>

■店舗名:レストハウスたんぽぽ
■住所:山口県岩国市川西4-5-156
■ナポリタン名:白い山口女子美ナポリタン

女性の美と健康を応援する、おしゃれなカレーとして作られた「白い山口女子美カレー」とナポリタンのコラボメニュー。材料には、山口県の農家で採れた野菜を使うことで、地元の農家を応援するナポリタンです。

【四国大会 代表】

<愛媛県への愛がギュッと詰まった、いよかん香る爽やかなナポリタン!>

■店舗名:サンタサンタ カフェダイニング
■住所:愛媛県松山市奏町5-1-1 いよてつ髙島屋3階
■ナポリタン名:松山・道後ナポリタン

愛媛県の名産品である甘トロ豚のベーコンと、みかんの皮を食べて育てた鶏の卵「みかんたまご」を使用。仕上げに、いよかんの皮をすりおろして香り付けしています。太麺とトッピングのシャキシャキ野菜の相性もポイントです。

【九州大会 代表】

<特産品のあか牛を使用した、熊本を元気づけるナポリタン!>

■店舗名:レッフェル 流通団地店
■住所:熊本県熊本市南区流通団地2丁目6番地
■ナポリタン名:熊本の希望 あか牛ととろとろチーズのフォンデュ DE ナポリタン

ケチャップの風味が豊かな、昔懐かしい味付けの麺に、具材として玉葱、ピーマンと自家製のハムを使用。トッピングには12時間煮込んだ、トロトロのあか牛の肉、さらには特製チーズソースもかけ、コクとまろやかさが感じられる、年配の方から若い女性までが楽しめる逸品です。

「カゴメ ナポリタンスタジアム 2017」開催概要

全国各地のナポリタン自慢の店舗を募集し、書類選考の上、地方大会を実施。地方大会を勝ち上がった10店舗が、「東京スカイツリータウン」4階スカイアリーナで開催される全国大会に集結。来場者にナポリタンを召し上がっていただき、その場で投票。イベント最終日に、事前のWEB投票とイベント期間中の投票結果により全国No.1ナポリタンを決定。

■会期:2017年5月13日(土)~14日(日) 11:00~19:00
■会場:東京スカイツリータウン 4階スカイアリーナ
■入場料:無料(※1食分500円の食券を販売)
■カゴメ ナポリタンスタジアム 公式サイト:http://www.kagome.co.jp/campaign/naposta/
■カゴメ ナポリタンスタジアム 公式Twitter:https://twitter.com/naposta2017

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでシグナル・ロッソ。をフォロー!

 - プレスリリース・店舗ニュース

 PR PICK UP!

【愛用中!】メンズコスメ ZIGEN(ジゲン) オールインワンフェイスジェル【通販限定】

【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!【使用中】

【古着通販】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!【ファッション】

 YouTube 秋山駿TV最新動画

特集記事

1
【ジョジョ】トニオさんのイタリア料理を再現してみた・改 まとめページ【第4部】

※トニオさんのイタリア料理を再現してみた、とは 漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第4部・コミックス第33巻に登場するキャラクター、イタリア料理人スタンド使いの“トニ ... 全文表示>>

2
【東京競馬場グルメ】レポート まとめ記事(フジビュースタンド)

競馬の祭典「日本ダービー」の舞台として知られる「東京競馬場」は、日本最大の公営ギャンブル場。収容人数22万人超、スポーツ施設としても世界第2位の規模を誇る広大な ... 全文表示>>

3
【中山競馬場グルメ】レポート まとめ記事(メインスタンド)

売上高世界一を誇る年末の風物詩「有馬記念」の舞台として知られる「中山競馬場」は、「東京競馬場」と共に日本を代表する公営ギャンブル場。収容人数約17万人の場内には ... 全文表示>>

4
【新横浜ラーメン博物館】全店舗グルメレポート まとめ記事

1994年の開館以来、全国各地から40店舗以上のラーメン店を招聘してきたラーメン専門のフードアミューズメントパーク、“ラー博”こと「新横浜ラーメン博物館」。食を ... 全文表示>>

5
【秋葉原みやげ】萌え菓子(痛菓子)+ネタ菓子レポート まとめ記事

日本最大の電気街であり、世界最大のオタク街、“聖地アキバ”こと秋葉原。2005年頃からのアキバブーム・オタク文化ブームによる大衆化も影響し、いまや多くの外国人観 ... 全文表示>>

6
【横須賀みやげ】レポート まとめ記事

農漁村から開国を経て異国情緒溢れる軍港の街となった、神奈川県横須賀市。近年は“カレーの街”としても全国的な知名度を得る横須賀の、市内中心部の注目スポットで発見し ... 全文表示>>