シグナル・ロッソ。

役者・秋山駿によるグルメレポートを中心とした、東京都と神奈川県の地域情報発信サイト!

previous arrow
next arrow
【特集企画】ヨコスカネイビーバーガー 全店舗取材
Slider

【よこすかカレーフェスティバル 2018】ヨコスカネイビーバーガーコーナー レポート

   

本日5月19日(土)と明日20日(日)の2日間、大日本帝国海軍戦艦「三笠」が記念艦として永久保存されている、横須賀を代表する都市公園「三笠公園」にて、「よこすかカレーフェスティバル 2018」が開催されている。

「よこすかカレーフェスティバル」は横須賀市が“カレーの街”を標榜した1999年に誕生した、日本最大級のカレーイベント。

開催19回目の昨年は112事業者が参加、計105のブースが出展。2日間の総来場者数が3年連続の5万人超えとなる約52000人を記録し、大盛況のうちに閉幕。

第20回目を迎えた今年は117事業者が参加、計111のブースが出展するなど、記念すべき第20回開催にふさわしい過去最大規模で、フード提供と販売を中心に多彩なイベントが展開された。

会場内は昨年と同じく、「横須賀市関連エリア」、「全国カレーエリア」、「カレーの街よこすかエリア」「カレーバイキングエリア」の4エリアに分かれている。

東郷元帥像の周辺、「横須賀市関連エリア」では。

「YOKOSUKA NAVY BURGER(ヨコスカネイビーバーガー)」の誕生10周年企画として、カレーフェスだけれどもハンバーガーを販売しちゃいます!、というコーナーが初展開されており、「どぶ板通り商店街」に店を構える2店舗が特別出店。

「ヨコスカネイビーバーガー」とは、2009年1月より販売開始された横須賀のご当地グルメ。米海軍横須賀基地から長年の友好の象徴として同市に提供された、米海軍の伝統的な軍隊食「ネイビーバーガー」のレシピをベースにした、本場アメリカ流のBIGなハンバーガーだ。

パティは“つなぎ”無しの牛肉100%であること、トマト・オニオン・レタスなど決められたトッピングのみを使用すること、といった複数の規定があるなかで、各店舗が独自の味を開発している。

1店舗目は、「レストランTSUNAMI」の「ヨコスカネイビーバーガー」!

同店オーナーの飯田茂さんが、自ら腕をふるっていた。

店舗で提供しているものと全く同じ内容にもかかわらず、ジャスト1000円のお得な会場限定価格に設定したという...!

じゃじゃーんッ!! 圧倒的ド迫力ッ!!

市内のベーカリーに特注しているオリジナルバンズは、地元・三浦半島沖で採取した海洋酵母で生地を発酵させており、厚み満点でもっちりもちもち!

表面がこんがり香ばしく焼き上げられた、まるでステーキのような粗挽き牛肉パティには、赤身肉本来の旨味が凝縮されているッ...!

レタスが綺麗に折りたたまれているのは、グリルドオニオンと輪切りトマトをしっかりと支えて全体のフォルムを美しく保ち、かつ食べやすくしてくれるという匠の技法!

大口をあけて、かぶりつけーッ!!

2店舗目は、「どぶ板食堂Perry」の「ヨコスカネイビーバーガー」!

こちらも同じくジャスト1000円の、お得な会場限定価格での販売...!

じゃじゃーんッ!! ざわっ・・・ざわっ・・・

パリッと香り良く焼き上げられたバンズに、レタス、スライスオニオン、輪切りトマトと共に挟み込まれた、圧倒的極厚のパティは・・・

なんと、粗挽きの黒毛和牛肉を使用しているとのことで、旨味のパワフルさが半端ないッ!! オーナーが「東京食肉市場」に独自ルートを持つ、「Hungry's(ハングリーズ)」の姉妹店だからこそできる、デリシャスの倍プッシュな芸当なのだッ...!

大口をあけて、かぶりつけーッ!!

どちらのバーガーも、そのままでも十二分にイケる味付けだが、ケチャップとマスタードで自分好みにカスタムするのもまた、伝統的なネイビー流であるッ!

日本のカレーとアメリカのハンバーガーという、国民食同士の共演。これぞ、日米文化が融合した街“YOKOSUKA”の自然体だ...!

【よこすかカレーフェスティバル取材レポート まとめ記事】
よこすかカレーフェスティバル 会場レポート 総まとめ記事

【よこすか海軍カレーVS横須賀海上自衛隊カレーバイキング レポート編】
よこすかカレーフェスティバル 2018 「よこすか海軍カレーVS横須賀海上自衛隊カレーバイキング」レポート

【横浜DeNAベイスターズ 関連ブース レポート編】
よこすかカレーフェスティバル 2018 「横浜DeNAベイスターズ 関連ブース」レポート

【オリジナルカレーコーナー レポート編】
よこすかカレーフェスティバル 2018 「オリジナルカレーコーナー」レポート

【イベント情報】

よこすかカレーフェスティバル 2018
■開催日:2018年5月19日(土)~20日(日)
■開催時間:9:00~16:00(※荒天中止)
■開催地:三笠公園
■入場料:無料
■横須賀市観光情報サイト「ここはヨコスカ」イベント情報掲載ページ:https://www.cocoyoko.net/event/curry-fes.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterで最新情報を発信中!

 - 【グルメ】特集企画・イベント

 おすすめ通販サイト レビュー記事

【開運財布】金運の正体は機能性だ!老舗財布屋の小銭入れで無駄遣いを無くす【通販限定】

【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ【通販限定】

【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見だ!【コレクション】

【愛用中!】メンズコスメ ZIGEN(ジゲン) オールインワンフェイスジェル【通販限定】

【古着通販】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!【ファッション】

【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!【使用中】

特集企画記事

1
【ヨコスカネイビーバーガー】全店舗取材レポート まとめ記事【ご当地グルメ】

神奈川県横須賀市のご当地グルメとして、2009年1月30日(金)より市内4店舗で販売開始された「YOKOSUKA NAVY BURGER(ヨコスカネイビーバーガ ... 全文表示>>

2
【東京競馬場グルメ】レポート まとめ記事(フジビュースタンド)

競馬の祭典「日本ダービー」の舞台として知られる「東京競馬場」は、日本最大の公営ギャンブル場。収容人数22万人超、スポーツ施設としても世界第2位の規模を誇る広大な ... 全文表示>>

3
【中山競馬場グルメ】レポート まとめ記事(メインスタンド)

売上高世界一を誇る年末の風物詩「有馬記念」の舞台として知られる「中山競馬場」は、「東京競馬場」と共に日本を代表する公営ギャンブル場。収容人数約17万人の場内には ... 全文表示>>

4
【新横浜ラーメン博物館】全店舗グルメレポート まとめ記事

1994年の開館以来、全国各地から40店舗以上のラーメン店を招聘してきたラーメン専門のフードアミューズメントパーク、“ラー博”こと「新横浜ラーメン博物館」。食を ... 全文表示>>

5
【秋葉原みやげ】萌え菓子(痛菓子)+ネタ菓子レポート まとめ記事

日本最大の電気街であり、世界最大のオタク街、“聖地アキバ”こと秋葉原。2005年頃からのアキバブーム・オタク文化ブームによる大衆化も影響し、いまや多くの外国人観 ... 全文表示>>

6
【横須賀みやげ】レポート まとめ記事

農漁村から開国を経て異国情緒溢れる軍港の街となった、神奈川県横須賀市。近年は“カレーの街”としても全国的な知名度を得る横須賀の、市内中心部の注目スポットで発見し ... 全文表示>>

7
【よこすかカレーフェスティバル】会場レポート 総まとめ記事

神奈川県横須賀市が“カレーの街”を標榜した1999年に誕生した、日本最大級のカレーイベント「よこすかカレーフェスティバル」。大日本帝国海軍戦艦「三笠」が記念艦と ... 全文表示>>

8
【AnimeJapan(アニメジャパン)】出展ブースレポート 総まとめ記事

“アニメのすべてが、ここにある”をテーマに、2014年に誕生した日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan(アニメジャパン)」。日本を代表するアニメ関連企 ... 全文表示>>

9
【ジョジョ】トニオさんのイタリア料理を再現してみた・改 まとめページ【第4部】

※トニオさんのイタリア料理を再現してみた、とは 漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第4部・コミックス第33巻に登場するキャラクター、イタリア料理人スタンド使いの“トニ ... 全文表示>>