【よこすかカレーフェスティバル 2018】オリジナルカレーコーナー レポート

先日5月19日(土)と20日(日)の2日間、大日本帝国海軍戦艦「三笠」が記念艦として永久保存されている、横須賀を代表する都市公園「三笠公園」にて、「よこすかカレーフェスティバル 2018」が開催された。

「よこすかカレーフェスティバル」は横須賀市が“カレーの街”を標榜した1999年に誕生した、日本最大級のカレーイベント。

記念すべき開催20回目となる今年は、総来場者数が4年連続の5万人超えとなる約53000人(※19日:約22000人、20日:約31000人)を記録し、大盛況のうちに閉幕。

会場内は昨年と同じく、「横須賀市関連エリア」、「全国カレーエリア」、「カレーの街よこすかエリア」、「カレーバイキングエリア」の4エリアに分かれており、計111のブースが出展。フード提供と販売を中心に多彩なイベントがおこなわれた。

野外ステージ裏、「カレーの街よこすかエリア」には。

「オリジナルカレーコーナー」が展開されており、ご当地グルメ「よこすか海軍カレー」を使用した軽食を販売する、地元事業者による店舗が多数出店!

ご当地グルメ「ヨコスカネイビーバーガー」の認定販売店でもある、「楽島モアイモ食堂」のブース(C-95)では。

オーナー店長の佐久間睦さんが、奥様と息子さんと共に家族営業で、同店名物のひとつ「よこすか海軍カレータコス」を販売!

会場内で色々なものを味わいたいだろうという来場者の気持ちを考慮して、ハーフサイズでの提供にした上で、価格をレギュラーサイズの半額以下となる200円に設定したとのこと。良心的すぎるぜーッ...!

じゃじゃーんッ!!

「よこすか海軍カレー」をからめたライスとウインナーなどを、小麦粉本来の素朴な旨味が感じられる、自家製のフラワートルティーヤ生地で包み込んだ一品だ!

がぶりッ!! うまーいッ!!

同じく「ヨコスカネイビーバーガー」の認定販売店でもある、「レストランTSUNAMI」のブース(C-88)では。

イベント出店時のみ提供しているという限定品「元祖よこすか海軍カレードッグ」を、ワンコインの500円で販売!

ヨコスカネイビーバーガーに使用しているバンズと同じ、市内のベーカリーから仕入れたホットドッグパンに、ぶっといソーセージを挟み込んで、同店特製の「よこすか海軍カレー」をかけた一品だ!

じゃじゃーんッ!!

フライドオニオンも豪快に散りばめられており、カリカリとした食感が絶妙なアクセント...!

がぶりッ!! うまーいッ!!

京急線北久里浜駅から徒歩約10分の場所にある、たこ焼き専門店「タコ忠」のブース(C-77)では。※店舗は休業中。

女将さんの自信作、名物「よこすか海軍カレーたこ焼き」を販売!

6個入りがワンコインの500円、3個入りが250円!

華麗な手さばきで作り上げていく様子に、思わず見惚れるッ...!

じゃじゃーんッ!!

たーこーやきッ!! たーこーやきッ!!

外はカリッと香ばしく、中はとろんとろんの焼き上がり! かぐわしいソースの香りと共に広がる、カレー粉の風味が素敵だッ...!

鰹節と青海苔もたっぷりとトッピングされており、味わい豊かで、添えられたマヨネーズとも相性抜群!

ぱくりッ!! うまーいッ!!

京急横須賀中央駅からほど近い飲み屋街「若松マーケット」にある、氷商「横須賀氷業」のブース(C-87)では。

専門店ならではの自慢の純氷を使用した、かき氷を販売!

氷をけずって、果汁シロップを・・・

えっ、ちょっ・・・

ありゃま。

ででーんッ!!

なんと「よこすか海軍カレー」をかけた、「カレーかき氷」なるものがあらわるッ...!!

味はカレーなのにシャリシャリとしていて、もちろん冷たくて、今までに体験したことのない世界がお口の中にーッ!!

ちなみに200円というお手軽価格。カレーフェスの思い出になること間違いなしの、超ユニークな一品だッ...!!

他にも、JR衣笠駅のほど近くにある人気店、「居酒屋 和貴」のブース(C-76)では。

「横須賀カレー牛ホルモン」を販売!

「春の横須賀観光メディア視察ツアー2016」でも訪れた、明治43年創業の老舗精肉店、「松坂屋」のブース(C-89)では。

「よこすか海軍カレーライスコロッケ」を販売!

カレーライスやカレーパンといったメジャーどころだけでなく、地元の店舗が工夫を凝らした、ニッチなカレーグルメと出会えるのもまた、カレーフェスの魅力なのであるッ...!

最後に、人気レストラン「横須賀海軍カレー本舗」の運営など、「よこすか海軍カレー」関連のプロデュースを多岐に渡り手掛ける「株式会社ヤチヨ」の代表取締役社長であり、本カレーフェスティバルの実行委員長を務める鈴木孝博さんに、記念すべき第20回目を迎えた今開催についてのコメントをいただいた。

「第1回開催の会場は市役所前の小さな公園で、その後ヴェルニー公園に移り、そして三笠公園に移りと、段々と規模を大きくすることができました。年々、全国のご当地カレーを取り扱う事業者からの出店要請も増えており、“カレーの街”を牽引するイベントとしての役割を担えているかなと感じています。今後も地域の方々と協力しながら、よこすかカレーフェスティバルを、そして横須賀を盛り上げていきたいと思います」

【よこすかカレーフェスティバル取材レポート まとめ記事】
よこすかカレーフェスティバル 会場レポート 総まとめ記事

【よこすか海軍カレーVS横須賀海上自衛隊カレーバイキング レポート編】
よこすかカレーフェスティバル 2018 「よこすか海軍カレーVS横須賀海上自衛隊カレーバイキング」レポート

【ヨコスカネイビーバーガーコーナー レポート編】
よこすかカレーフェスティバル 2018 「ヨコスカネイビーバーガーコーナー」レポート

【横浜DeNAベイスターズ 関連ブース レポート編】
よこすかカレーフェスティバル 2018 「横浜DeNAベイスターズ 関連ブース」レポート

【イベント情報】

よこすかカレーフェスティバル 2018
■開催日:2018年5月19日(土)~20日(日)
■開催時間:9:00~16:00(※荒天中止)
■開催地:三笠公園
■入場料:無料
■横須賀市観光情報サイト「ここはヨコスカ」イベント情報掲載ページ:https://www.cocoyoko.net/event/curry-fes.html

【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ!
【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見!
【愛用メンズコスメ】ZIGEN オールインワンフェイスジェル!
【古着通販サイト】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!
【開運財布】金運の正体は機能性だ!老舗財布屋の小銭入れが超便利!
【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者・フリーライター。食べ歩いた飲食店は3000軒以上。20年来の大競馬ファン。ジョジョ4部・トニオさんのイタリア料理再現者。ゲスナー。

NEW POST新着エントリー