【代々木公園フリーマーケット】レポート

昨日12月7日(日)、明治神宮に隣接する都立公園「代々木公園」にて、「リサイクル市民活動の会」主催によるフリーマーケットが開催された。

「代々木公園」は昭和56年に日本初のフリーマーケットが開催された、いわば“フリマの聖地”。都内でも最大級の規模と集客数を誇るフリマ会場となっており、今回はなんと600店以上が出店。

清々しい冬晴れの空の下、開始時刻の10時過ぎには、既に場内は大盛況だった...!

野外ステージ前のイベント広場一帯を埋め尽くすほどの人混み!

さすがは渋谷と原宿の中間に位置する若者文化の発信地とあって、会場全体にオシャレな雰囲気が漂っている。出品物の傾向は・・・

ファッション!

ファッション!

ファッション!

ファッション!

ファッション! ・・・と、服飾系の出品物が圧倒的ッ!

ファミリー層向けのフリマとは明らかに毛色が異なり、セレクトショップで取り扱っているようなブランド品が実に豊富!

アパレル関係のバイヤー風の来場者も多数見受けられ、商品が並べられた傍から品定めをしているシーンは印象的だった。それだけ出品物の質に対する信頼度も高く、掘り出し物があるということなのだろう...!

また、当日出店を受け付けていたため・・・

見て回っている間にも、どんどん出店ブースが増えていき・・・

ひと回りしたと思って、元の位置に戻ったら・・・

会場自体が拡大しており、自分がどこまで回ったかが分からなくなってしまうという状況! 見応え満点すぎるッ!

MYアイテムセンサーをオンにして、目を凝らして歩くのが楽しいったらない。

今年はデング熱発生による公園封鎖があり、相次ぐイベント中止に見舞われた代々木公園だが、この日は4つのイベントが同時開催されていたほどで、その影響もすっかり感じさせない賑やかさを取り戻していた...!

「明治公園」でのフリーマーケットが、公園の取り壊し決定によって消滅した今、ここでの開催頻度は益々高くなるだろうと思われる...!

・・・そして戦利品。「Lui’s(ルイス)」のダウンジャケット、「EDIFICE(エディフィス)」のダッフルコート。

「RUPERT(ルパート)」のフーデッドコート、「nano・universe(ナノ・ユニバース)」のモッズコート。

「JUNMEN(ジュンメン)」のジャケット、「TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)」のジャケットとニット、の計7着を7000円でGET!

おまけで、「UNIQLO(ユニクロ)」のスニーカーも300円でGET。最高の買い物が出来たなッ...!

【施設情報】

代々木公園
■所在地:東京都渋谷区代々木神園町
■開園日:常時開園
■入園料:無料
■公式サイト:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index039.html
■公式Twitter:https://twitter.com/ParksYoyogi

【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ!
【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見!
【愛用メンズコスメ】ZIGEN(ジゲン) オールインワンフェイスジェル!
【古着通販】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!
【開運財布】金運の正体は機能性だ!老舗財布屋の小銭入れが超便利!
【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者・フリーライター。食べ歩いた飲食店は3000軒以上。20年来の大競馬ファン。ジョジョ4部・トニオさんのイタリア料理再現者。ゲスナー。