【横須賀】退役軍人の会(VFW)認定店「Honch Shell」がドブ板通りにオープン!

スカジャンの発祥地として知られる名所、神奈川県横須賀市の「どぶ板通り商店街」。米海軍横須賀基地(通称“ベース”)の米兵たちが通う、外国人向けのバーが軒を連ねている往来としても有名な場所だが、「ドブ板のバーに行ってみたい」「でもどのお店に行けばいいのか分からない」「情報が無いから中に入るのがちょっと怖い」と、尻込みをしてしまっている人も多いのではなかろうか。

そんな方たちに是非オススメしたいお店が、先月6月1日(金)にオープンした。

店の名は、「Jack Honch Shell(ホンチシェル)」。同じく「どぶ板通り商店街」に店を構える人気店、「YOKOSUKA Shell(ヨコスカシェル)」の支店にあたる、餃子&カレーバーだ。

【横須賀】軍港都市が持つ遺産!居酒屋「Shell」が次代に繋ぐ古き良きYOKOSUKA【ネイビーバーガー】

2017.12.22

同店は、「ヨコスカネイビーバーガー」「よこすか海軍カレー」「ヨコスカチェリーチーズケーキ」の3種類のご当地グルメを提供する、認定販売店であり。

米退役軍人とその家族への慈善活動を主とする団体、「米国海外戦争退役軍人会(VFW=Veterans of Foreign Wars of the United States)」の認定店(支部)でもある。この認定はいわば「退役軍人が安心して飲食できるお店」という、お墨付きのような意味合いが強いそうで、日本国内での認定店は数えるほどしか存在しないのだとか。

市内で長年事業を営む、オーナーの澁谷光則さんがこれまでに培ってきた、退役軍人の方たちとの信頼関係から、日本人が経営する新店舗にも関わらず、先方から依頼されたとのこと。

これはね、超レア中の超レアケースらしい。

また店名の「Honch」とは、米兵たちがドブ板通りを呼ぶ際に使う通称だ。日本人には「どぶ板通り」の名前で親しまれるこの通りだが、そもそもの正式名称は「本町通り」であり、商店街の正式名称も「本町商店会」という。

で、本町だから「Honch(ホンチ)」。

ちなみに店名の「Jack」のほうは、もともとこの物件が「Tom & Jack」というバーだったことの名残をとどめるためだそう。星条旗がデザインされたポップな外観も、「どぶ板の歴史のひとつだから」と意図的にそのまま引き継いでいる。

そして店内はもう、すんごいぞッ...!

壁面には、米海軍の軍艦や部隊の記念盾、VFW関連の表彰状などがズラリと並んでいる。

ほぼ全てが、退役軍人の常連客から個人的に寄贈されたものだそうで、マニアにとっては宝物庫状態!

他にも、エンブレムバッジや。

潜水艦の警報(ブザー)機。

米戦艦「Missouri(ミズーリ)」の艦船模型といった、資料室レベルのインテリアの数々に興奮が止まらない。

極めつけはコレ。カウンターに設置されているうちの1席は、なんと艦橋部のキャプテンシート。もちろん、実際に使用されていた本物である...!

キャプテンシートを含めた12席のカウンター席と、ソファテーブル席を合わせて約30席。

2台のテーブルは澁谷さん手作りの、“空母の甲板型テーブル”だ。

ドリンクメニューは、ビールにウイスキー、焼酎にサワーにカクテルなどなど実に豊富!

フードメニューは、ご当地グルメ(※本店と同じ内容)も自慢だけれど・・・

やはり「餃子&カレーバー」とあって、餃子(1皿380円~)が目玉商品!

皮から手作りしているという自家製で、もっちもちでジューシー! 食べ応えアリ!

餡にスイートコーンやバジルを練り込んだものなど、今後バリエーションを増やしていく予定とのこと。

うひょーいッ!

さらに、店内奥の“潜水艦ハッチドア”をあけると・・・

テラススペース!

取材時は改装中だったが、ここでBBQパーティーの開催などを考えているそうだ。

澁谷さんは、「地元民だけでなく観光客の方も含めて、日本人と外国人の交流の場になってほしい。仕事が終わってからちょっと一杯、という感覚で、気軽に訪れてみてほしいです」と語る。

今後は本店(YOKOSUKA Shell)のほうでは、海鮮や和食を中心とした横須賀の地産料理をメインにして、アメリカンなバーの役割をこちらに担当してもらうつもりです」とも。


▲京急線汐入駅から徒歩約3分という抜群のアクセスで、どぶ板通りのメインストリートに面した好立地!


▲店頭のホワイトボードには、横須賀港に入港している艦船を随時書き込んでいくそう。

また、「私の父は浦賀ドック(※日本初のドライドックが設置された造船所。旧日本海軍の駆逐艦をはじめ、1000隻以上の艦艇を建造。2003年に閉鎖)で造船業に携わっていました。横須賀は“米軍基地のある街”としては有名だけれども、戦前にあった日本の海軍工廠については、深く知られていないように思います。若い人たちに、昔はこんなのがあったんだよと、横須賀の歴史を伝え、広める場所にもできればいいなと思っています」と続けた。


▲スタッフのレイチェルさんと。

最後に、「横須賀は歴史の上に成り立っている街。軍港としての機能を過去から現在まで受け継ぎ、依然として世界の有事に最前線で関わり続けている、新しい歴史を生み出し続けています。ぜひ横須賀にいらして、よかったらHonch Shellものぞいてみて下さい」と、横須賀愛に溢れるコメントをいただいた。

【店舗情報】

Jack Honch Shell(ホンチシェル)
■住所:神奈川県横須賀市本町3-6
■定休日:無休
■営業時間
平日:17:00~24:00
土日祝:11:30~24:00
■YOKOSUKA Shell 公式Twitter:https://twitter.com/yokosuka_shell

【メンズコスメ】大人を磨く1本!ZIGEN 純石けんシャンプー&ボディソープ!
【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ!
【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見!
【メンズコスメ】敏感肌に優しい!ZIGEN オールインワンフェイスジェル!
【古着通販サイト】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!
【開運財布】金運の正体は機能性だ!老舗財布屋の小銭入れが超便利!
【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者・フリーライター。食べ歩いた飲食店は3000軒以上。20年来の大競馬ファン。ジョジョ4部・トニオさんのイタリア料理再現者。ゲスナー。

NEW POST新着エントリー