【白ロム通販】圧倒的在庫数!イオシスの中古スマホは低価格で安心保証【購入レビュー】

2018年現在の国内におけるスマートフォン所有率は約80%で、インターネット接続時の利用端末もスマホがパソコンを上回っているという。また、MVMO各社による格安SIMカードを使用したスマホ運用も、認知度が年々高まっているそうだ。かくいう筆者も、格安スマホをWebサイト閲覧とSNS投稿用に、大手キャリア契約のガラケーを電話用にと、2台持ちである。

筆者のような「スマホ本体に特にこだわりがない」もしくは「サブ機として使っている」格安SIMユーザーは、初期費用をできるだけ低く抑えるために、中古品の端末(白ロム)を購入するケースが大半だと思うが、「どこで買えばいいのか分からない・・・」と、戸惑っている初心者の方も多いのではないだろうか。

そこで本記事では、中古スマホ・タブレットの年間販売台数40万台以上を誇る、「イオシス」の通販サイトをオススメしたい。

運営企業の「株式会社イオシス」は、東京・秋葉原、大阪・日本橋、名古屋・大須の、通称“日本三大電気街”に計8店舗の実店舗を展開しており、なんと約2万台もの在庫を保有。自社で仕入れから再商品化までを一括でおこなうことで、リーズナブルな価格設定を実現しているという。

さらに、中古品は3ヶ月保証、未使用品は6ヶ月保証、赤ロム(※もとの所持者の残債未払いが原因で、通信不可にされた端末)は永久保証という、業界トップクラスの長期保証を実施。購入後のサポートも万全だ。

イオシスの通販サイトで購入をするのは今回が初めてだったが、秋葉原にある実店舗では何度も買い物をしているだけに、「イオシスならば大丈夫」という安心感と信頼感があった。・・・というか通販サイトのほうが、全店舗の統合在庫の中から選べるので、実店舗よりも選択肢が豊富で、欲しい商品が見つかりやすい。

加えて、サイト内での商品検索もしやすく、キーワード検索はもちろん、機種別、キャリア別、容量別、価格別、状態別といった詳細な絞り込みが可能となっている。

商品の状態は、「新品、未使用品、アウトレット、中古A~Cランク」の6段階にランク分けされており、端末の実物写真は確認できない。

・・・この点に関して不安を覚える方もいるだろうが、たとえ実物写真が掲載されていたとしても、編集ソフトでの画像加工なんて誰でも容易にできる時代だし、そもそもキズがある部分を隠して撮影された写真かもしれない。フリマサイトなどに掲載されている「信頼できない実物写真」よりも、「信頼できるお店がつけた状態ランク」のほうが、購入検討の指標に値するはずだ。

筆者が選んだのは、「iPhone 6s(16GB)」の中古Bランクの商品。付属品もすべて揃っている完品で、税込21800円という価格は、送料を加味してもWeb上で最安の部類。キャッチコピーの“けっこう安い”どころか、“いちばん安い”だった。

で、注文して早くも翌日、ヤマト運輸で到着。

ドキドキ。

じゃーんッ!! ほら、全然ピカピカじゃん!!

バックカメラ周りと側面の各ボタンに、若干の小キズと汚れがあるくらいで、1週間使えば普通にこうなるわ!ってレベル。液晶も実にキレイで、黒点(ドット落ち)などの不具合もなく、全く問題ない。

付属品も全く問題ない。

唯一、外箱のシール剥がしに失敗したような跡が多少目についたけれど、そんなのはどうでもいいしね。むしろ、これで状態が「Bランク」って、どうなっているのイオシスは!?

イオシスの中古端末は1台1台、技術専門のスタッフが徹底した動作確認とクリーニングをおこなった上で、出荷されているのだとか。

もちろんネットに接続してからも、全く問題なく動作してくれたぞ! こんにちは、iPhone!

ちなみに会計時に、面倒な会員登録は不要。欲しい商品をカートに入れて、必要事項を入力すればokだ。

「Amazon Pay」での支払いにも対応しているので、Amazonアカウントを持っていれば、住所やクレジットカード情報の入力の手間すら省くことができる。

スマホに限らず、タブレットやノートPCの中古品の品揃えも豊富なので、あれもこれもと欲しくなってしまう。きっと、毎日が買い時!!

次に端末を買い替える時にも、最初にイオシスの通販サイトを物色するのは決定だなッ...!

【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ!
【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見!
【メンズコスメ】敏感肌オトコに!ZIGEN オールインワンフェイスジェル!
【古着通販サイト】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!
【開運財布】金運の正体は機能性だ!老舗財布屋の小銭入れが超便利!
【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者・フリーライター。食べ歩いた飲食店は3000軒以上。20年来の大競馬ファン。ジョジョ4部・トニオさんのイタリア料理再現者。ゲスナー。

NEW POST新着エントリー