【横須賀】ライブハウスバー「モアイ&カピー」はドブ板の秘密基地【ネイビーバーガー】

本記事は、神奈川県横須賀市のご当地グルメ「YOKOSUKA NAVY BURGER(ヨコスカネイビーバーガー)」を提供している飲食店をレポートするシリーズ記事。

今回は、スカジャンの発祥地としても知られる名所「どぶ板通り商店街」に店を構える「MOAI & CAPI(モアイ&カピー)」!

同店は先代オーナーの木元智史さんが、現「モアイモ食堂」オーナー店長の佐久間睦さんと共に、1997年2月に創業。当初は服飾雑貨店とショットバーが合わさった複合的な店舗だったそうだが、2002年に木元さんが30代の若さで夭逝された後、開店して間もない頃からスタッフを務めていた金田良太さんが経営を引き継ぎ、現在はライブハウスバーとしてその看板を守っているという。

ウッディな内観とロックテイストなインテリアが男心をくすぐる店内は、まさに“大人の秘密基地”。

トタン板にドラム缶、ミラーボールにポンポンの飾り玉、ブリキ製のヴィンテージナンバープレート、カールスバーグやバカルディのネオンサイン、流木に観葉植物。

壊れたエレキギターのボディを改造したテーブルや。

表面が少し破れた革張りのソファなど、ロマンと遊び心が詰まった“ガレージ感”がたまらない。

7席のカウンター席を含めた全24席だが、ライブの開催有無によって収容人数は変動するとのこと。


ヨコスカネイビーバーガー¥1200-(税別)

じゃーんッ!! これが「モアイ&カピー」の「ヨコスカネイビーバーガー」!!

独自開発したというオリジナルバンズは、小麦粉本来の風味が豊かでオーガニック感があり、もっちりもちもちで食べ応え満点!

分厚い輪切りトマト、細切りにされたスライスオニオン、フレッシュレタスの野菜3種類は、全体の食感にアクセントを与えると共に、さっぱりとした後口を演出...!

粗挽き牛肉を香ばしく焼き上げたパティには、ブラックペッパーが強めに効いており、赤身肉の力強い旨味をさらにワイルドに引き立てているッ!

店内の雰囲気とマッチする、武骨だけれども温かみのある味わいに、ハートを鷲掴みにされちゃうぜーッ!!

加えて、ケチャップとマスタード、マヨネーズソースで自分好みに味付けをすれば、舌上のモッシュが一層加速するッ...!!

第二次世界大戦後から米海軍を通じて、様々なアメリカ文化が現在進行形で広がっている横須賀にとって、ハンバーガーは歴史的に所縁の深い食べ物であり、「ヨコスカネイビーバーガー」は一介のご当地グルメの枠を超えた、地域文化を色濃く感じられるグルメブランドとして価値が高い。

市外出身ながら横須賀に根を下ろして20年以上という金田さんに、お店の歴史や「ヨコスカネイビーバーガー」へのこだわりなどについて話を伺った。


▲金田さんは横浜市磯子区出身の39歳。今年1月にめでたくパパになったそう。

――― 金田さんは横浜市のご出身とのことですが、横須賀にはいつの頃から。

金田さん:私が中学生の頃に、家族で横須賀市に移住することになりまして、それから現在まで横須賀在住です。「モアイ&カピー」には、19歳の時にアルバイトスタッフとして入りました。

――― 今ではオーナー店長として。

金田さん:いつの間にか、亡くなった先代の年齢を超えてしまいましたね。

――― 当時から、お店はこの場所で営業されていたのですか。

金田さん:実は昨年3月に、1軒隣から引っ越したばかりなのです。現在の場所はもともと老舗の洋服屋さんが営業していた物件で、旧店舗よりも少し広いことと、建物自体にも味があってイイ感じでしたので、移転拡張という形で。

――― 内装もとても素敵ですね。男のロマンが詰まっている。

金田さん:そう言って頂けると嬉しいです。特にこだわりは無いのですが、DIYで少しずつ改装を進めながら、なんとなくカッコイイなと思ったものを、ポツポツと集めて飾っています。

――― 遠藤ミチロウさんや竹原ピストルさんといった著名なミュージシャンの方も、「モアイ&カピー」で何度も演奏されているとか。

金田さん:音楽ライブは、ほぼ毎週末開催しています。小さな空間で、アーティストの迫力と熱気を間近に感じられることが、ウチの最大の魅力だと思っています。


▲ライブ開催時にステージとなるスペースは、出演者の息遣いまで伝わる距離。


▲2Fはライブ関係者の楽屋や待機所として、イベント時のみ開放。


▲改装中の様子。


▲改装後の様子。

――― 「ヨコスカネイビーバーガー」を、お店で取り扱おうと思った理由は何でしょう。

金田さん:やはりライブハウスバーという特性上、客層がかなり限定的になってしまいますので、お店の認知度を高めたかったというのが販売の動機です。ここは商店街のメインストリートから離れた場所にありますし、特に平日の昼間は人通り自体がほとんどなくて。

――― 確かに、観光客の散策ルート的にも1本はずれているというか、気付かれにくい場所かもしれません。


▲「メルキュールホテル横須賀」や「横須賀芸術劇場」などが入居する複合施設の裏手にあり、表通りからは隠れてしまっているが、京急線汐入駅から徒歩1分足らずなので、アクセス自体は抜群だ。

金田さん:また、“どぶ板通りにある飲食店”の看板メニューとして、「ヨコスカネイビーバーガー」はイメージにピッタリだと思いました。

――― これは「モアイ&カピー」ならではだぞ!、というポイントはありますか。

金田さん:私がレシピ段階から考案した、特製のバンズが一番の自慢です。ご当地グルメとして複数の規定がある中で、差別化を図るためには、バンズに特徴を持たせるのが最も分かりやすいかなと。

――― 美味しかったです。

金田さん:ありがとうございます。特別な素材は用いていませんが、時間をかけて手作りしたものを使用しています。開発時は「モアイモ食堂」の佐久間さんたちと、仲間内で集まってあれこれと試行錯誤を重ねました。きっと、バンズの味は似ていると思いますよ。


「モアイモ食堂」も「ヨコスカネイビーバーガー」の認定販売店だ。

金田さん:「ヨコスカネイビーバーガー」を販売開始してからは、その他のフードメニューにも力を入れるようになりました。

――― タコスやピザなども提供されていますね。

金田さん:“カレーの街”の一員でありたいと、昨年5月にはオリジナルのカレーも開発しました。発売以来、好評をいただいています。


▲「ヨコスカネイビーバーガー」以外にも、3種類のハンバーガーを提供している。


▲特製カレーライス「モアイブラック(¥600-)」は、ブラックの名の通り、竹炭を使用した真っ黒なチキンカレーとのこと...!

――― 旧店舗が、アニメ『ハイスクール・フリート』のOVA作品内に登場し、“はいふりファン”の間では聖地のひとつになっていると聞きました。

金田さん:ふふ、出ていました。

――― 私もOVAを拝見したのですが、ばっちりと、実店舗名のまま出ていましたね。

金田さん:そう、そっくりそのまま出ていました。ただ作中では、店頭に設置されたベンチに座って食事をするシーンだったからか、外観だけを撮影していく方が多い感じでして・・・。ぜひ店内まで入ってきて、アニメに登場したものと同じハンバーガーを味わってもらえたら嬉しいですね。

――― 近年の横須賀の街に対して、思うことはありますでしょうか。

金田さん:市の人口減の問題が深刻化している通り(※2018年2月、約41年ぶりに40万人を下回った)、私の体感としても若者が減っているなと感じますが、根本的な部分でといいますか、街も人も“横須賀らしさ”は失われていないと思います。

――― 最後に、今後、お店でやりたいことや目標はありますか。

金田さん:現状のスタイルで、しっかりと「モアイ&カピー」を続けていければなと。ライブを楽しみに何年も通ってくれている常連さんがいることは、もちろん私の誇りですが、いずれは平日ランチの営業もできるように、地元の方にも観光客の方にもアピールを増やしていきたいと考えています。

【ヨコスカネイビーバーガー特集 まとめ記事】

ご当地グルメ「ヨコスカネイビーバーガー」 全店舗取材レポート まとめ記事

【ヨコスカネイビーバーガー】全店舗取材レポート まとめ記事【ご当地グルメ】

2017.11.25

【ヨコスカネイビーバーガー 販売全店舗マップ】

【店舗情報】

MOAI & CAPI(モアイ&カピー)
■住所:神奈川県横須賀市本町3-19
■定休日:火曜
■営業時間
平日:16:00~24:00
土曜:12:00~24:00
日祝:12:00~21:00
■公式Facebook:https://www.facebook.com/Moaiandcapy/

【メンズコスメ】大人を磨く1本!ZIGEN 純石けんシャンプー&ボディソープ!
【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ!
【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見!
【メンズコスメ】敏感肌に優しい!ZIGEN オールインワンフェイスジェル!
【古着通販サイト】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!
【開運財布】金運の正体は機能性だ!老舗財布屋の小銭入れが超便利!
【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者・フリーライター。食べ歩いた飲食店は3000軒以上。20年来の大競馬ファン。ジョジョ4部・トニオさんのイタリア料理再現者。ゲスナー。

NEW POST新着エントリー