シグナル・ロッソ。

役者・秋山駿によるグルメレポートを中心とした、東京都と神奈川県の地域情報発信サイト!

previous arrow
next arrow
【新企画】ヨコスカネイビーバーガー 全店舗取材
Slider

【横須賀】どぶ板通り「スカジャン発祥の地宣言」イベントレポート

   

先日2月12日(祝)、神奈川県横須賀市の「どぶ板通り商店街」にて、「スカジャン発祥の地宣言」イベントがおこなわれた。

「スカジャン(横須賀ジャンパー)」は第二次世界大戦後、米海軍横須賀基地の駐留米兵が母国の家族へ贈るスーベニア(お土産)として、着物や雛人形といった“日本らしさ”を感じさせる品々とともに、和柄の刺繍を施したジャンパーをオーダーメイドで買い求めたのが始まり。

1970~80年代には“ヤンキーファッション”の代名詞として、今度は日本人の若者を中心に人気沸騰したことで国内での知名度も高まり、現在では幅広い世代に愛される個性派ファッションアイテムとなっている。

そのスカジャンの誕生の地であり、市内で製作・販売の大半を占めているのが同商店街。“ご当地ファッション”としてあらためてPRすることで、全国に魅力を再発信する狙いだ。

近年は職人の高齢化により、縫製技術を持つ人材の不足に悩まされているというが、2015年に「ルイ・ヴィトン」や「グッチ」といった高級ブランドがスカジャンの新作アイテムを発表して以降、世界的なブームの再燃が起こっているだけに、地域活性化という面も含めて、本イベント開催の意義は大きいと思われる。

正午に開始された式典では、「ドブ板通り商店街振興組合」会長の越川昌光さんによる「スカジャン発祥の地宣言」ののち、上地克明市長と、同市出身の小泉進次郎衆院議員が、スカジャンを身にまとって登壇。

上地市長は、「あらためて、横須賀を発祥の地と宣言することを大変嬉しく感じます。スカジャン発祥のこの地は、食もあり、音楽もありの、横須賀市の“宝庫”です。ぜひ多くの方においで頂いて、横須賀復活の手掛かりを、どぶ板通りから始めたい」とコメント。

商店街に記念プレートの贈呈をおこなったほか、長年に渡りスカジャンの発展に貢献した「ファースト商会」の松坂良一さん、および「大将ミシンししゅう店」の山崎正寿さんの両人を表彰、感謝状を手渡した。

昨年の衆院選でもスカジャンを着用した姿が話題を集めた小泉氏は、「横須賀市の内外に、さらに力強く発信できるスタートが切れて、本当に嬉しいです。私もスカジャンを着て、スカジャンを通じた横須賀の街の発展に尽力したいと思います」。

「上地さんが市長になられてから、追浜に新しい国道がひかれることになったり、久里浜に横浜F・マリノスの練習拠点が移されることが決まったりと、横須賀の街が動き出し始めました。街づくりの大きな転換点がきているなと感じます。ますます街おこしを頑張っていきたい」とコメント。

また、「選挙で着たスカジャンが、過去に嵐(※アイドルグループ)の二宮さんが着ていたものと同じスカジャンだったことが分かりまして、初めてお会いした際に、かぶっちゃってすみませんでした、という会話ができたことも、スカジャンの縁だなと」というこぼれ話も。

「横須賀発祥のスカジャンを次の世代に守っていくためには、市内で人材を育てるか、移住を全国に呼びかけるような取り組みが必要。そうしたことを通じて、ますます横須賀が盛り上がれば素晴らしいなと思います。これからもどうか横須賀と、スカジャンをよろしくお願いします」と続けた。

スカジャンを着用した観覧者を全員壇上にあげての記念撮影会は、やがて小泉氏とのツーショット撮影会となり、大盛況。

“スカジャン盛り上げ隊隊長”として登場した、横須賀出身の人気コスプレイヤー、カモミールさんも会場に花を添えていた。

かわいい。

さらに、今年1月に誕生したばかりの、横須賀市の日本遺産シンボルキャラクター「逸見エモン」も降臨。

かわ・・・いい・・・?

犬用スカジャンに身を包んだ、モフモフのわんこも上機嫌である。

他にも、インスタグラムでいいね!を集めると商品をGETできる「ドブイタスカジャンコレクション」も実施されており、子供連れファミリーに好評だった様子。

イベント終了後、越川さんにスカジャンの今後について話を伺うと、「最近のスカジャンは生地もデザインも進化している。スカジャンのレンタルやキャンペーンなども好評なので、若い世代の企画を積極的に取り入れて、どんどん新しいアイディアを投げかけていきたい」と語ってくれた。

越川さんは横須賀生まれ横須賀育ちの70歳で、1948年創業の「双葉貸衣裳店」を経営。商店街振興組合の会長を務めて18年目になるという。

「横須賀は“アメリカの風薫るまち”というのが私のスローガンで、そういう文化を大事にしていきたい。老若男女問わず、スカジャンを着て街を散策して、食事や買い物を楽しんでみてほしい」とのこと。

なお、寄贈された記念プレートは今後、商店街内に飾られる予定だ。

【イベント情報】

スカジャン発祥の地宣言
■開催日:2018年2月12日(月・祝)
■開催時間:11:30~14:00
■開催地:ドブ板イベント広場
■どぶ板通り商店街 公式サイト:http://dobuita-st.com/
■どぶ板通り商店街 公式Facebook:https://www.facebook.com/dobuitabz

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シグナル・ロッソ。をフォロー!

 - 【地域スポット】イベント・その他

 おすすめ通販サイト レビュー記事集

【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ【通販限定】

【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見だ!【コレクション】

【超愛用中!】メンズコスメ ZIGEN(ジゲン) オールインワンフェイスジェル【通販限定】

【古着通販】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!【ファッション】

【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!【使用中】

 YouTube 秋山駿TV動画

特集企画記事

1
【ジョジョ】トニオさんのイタリア料理を再現してみた・改 まとめページ【第4部】

※トニオさんのイタリア料理を再現してみた、とは 漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第4部・コミックス第33巻に登場するキャラクター、イタリア料理人スタンド使いの“トニ ... 全文表示>>

2
【ヨコスカネイビーバーガー】全店舗取材レポート まとめ記事【ご当地グルメ】

神奈川県横須賀市のご当地グルメとして、2009年1月30日(金)より市内4店舗で販売開始された「YOKOSUKA NAVY BURGER(ヨコスカネイビーバーガ ... 全文表示>>

3
【東京競馬場グルメ】レポート まとめ記事(フジビュースタンド)

競馬の祭典「日本ダービー」の舞台として知られる「東京競馬場」は、日本最大の公営ギャンブル場。収容人数22万人超、スポーツ施設としても世界第2位の規模を誇る広大な ... 全文表示>>

4
【中山競馬場グルメ】レポート まとめ記事(メインスタンド)

売上高世界一を誇る年末の風物詩「有馬記念」の舞台として知られる「中山競馬場」は、「東京競馬場」と共に日本を代表する公営ギャンブル場。収容人数約17万人の場内には ... 全文表示>>

5
【新横浜ラーメン博物館】全店舗グルメレポート まとめ記事

1994年の開館以来、全国各地から40店舗以上のラーメン店を招聘してきたラーメン専門のフードアミューズメントパーク、“ラー博”こと「新横浜ラーメン博物館」。食を ... 全文表示>>

6
【秋葉原みやげ】萌え菓子(痛菓子)+ネタ菓子レポート まとめ記事

日本最大の電気街であり、世界最大のオタク街、“聖地アキバ”こと秋葉原。2005年頃からのアキバブーム・オタク文化ブームによる大衆化も影響し、いまや多くの外国人観 ... 全文表示>>

7
【横須賀みやげ】レポート まとめ記事

農漁村から開国を経て異国情緒溢れる軍港の街となった、神奈川県横須賀市。近年は“カレーの街”としても全国的な知名度を得る横須賀の、市内中心部の注目スポットで発見し ... 全文表示>>