【横須賀】基地と軍艦が目の前に!「YOKOSUKA軍港めぐり」取材レポート【ご当地クルーズ】

先日8月7日(木)、横須賀の都市公園「ヴェルニー公園」に隣接する、複合商業施設「ショッパーズプラザ横須賀」前より運航している・・・

「YOKOSUKA軍港めぐり」へ取材に伺った。

「YOKOSUKA軍港めぐり」は、米海軍の艦船や海上自衛隊の基地を間近に見ながら横須賀の港を遊覧船で巡る、日本唯一の“ご当地クルージングツアー”だ...!

米海軍第7艦隊が駐留する横須賀本港から、海上自衛隊司令部が置かれている長浦港を経由して、ぐるっと一周する航路ッ!

昨年の乗降客数は約17万人。2008年9月より汐入桟橋から定期航路化されて以降、横須賀屈指の人気観光スポットとなっている。

遊覧船の名は、「Sea friend Ⅴ(シーフレンド5)」号!

Have a good time!

一周あたり約45分間、年中無休で毎日5便(※土日祝日、GW期間、夏季~11月末の平日は6便)の定期船を運航中だ。

乗船チケットの販売所は、桟橋のすぐ裏手にある・・・

観光案内所とカフェが併設された「汐入ターミナル」。

ターミナル内は、ジャズ音楽をはじめ、第二次世界大戦後の日本に於けるアメリカ文化の発信拠点となった、汐入駅前に存在した駐留軍娯楽施設「EMクラブ」の内装を忠実に再現した空間となっている。

天井に設置されている直径2.1mの真鍮製シャンデリアは、なんと、当時実際に使用されていた本物だそう...!

カフェでは、「汐入ターミナル」限定のブレンドコーヒーや「よこすか海軍ラムネ」など、12種類のドリンクを提供。

また、「YOKOSUKA軍港めぐり」オリジナルグッズを中心に、横須賀土産も多数販売されている。

ご当地グルメ「よこすか海軍カレー」のレトルト商品は、全11種類を取り揃える充実ぶり。

遊覧船内は基本的に飲食自由でアルコールもokなので、ここで事前にビールやラムネを購入して、船内に持ち込むのもアリだ!

出航時間の15分前頃までに、桟橋付近で待機して。

約5分前から、乗船開始ッ!

船内は、モニターを設置した1階席と。

オープンデッキの2階席を合わせて、晴天時は定員135名(※雨天時は86名)。

専属案内人が生放送で船内ガイドをおこない、艦船の種類や役割、港周辺の景色などまで、分かりやすく解説してくれるため、事前知識が皆無でも全然大丈夫。誰でも気軽に楽しめるのが嬉しいッ!

取材当日のガイドは唯一の女性案内人、若杉香織さん! ズキューン!!

ちなみに、望遠鏡のレンタルも用意されているぞ。

筆者は2階席の船尾側にスタンバイした。さぁ・・・

いざ、出航ッ!! ヒャッホーーーーーウッ!! 気ーーー持ちいいーーーーーッ!!

在日米軍横須賀海軍施設、通称“横須賀ベース”。在日米軍司令部が置かれており、現在11隻の艦船が母港としている。教育、商業、スポーツ、文化、娯楽施設なども有し、2万人超の人々が生活する街でもある。

海上自衛隊の潜水艦は、艦名、機能、行動まで一切シークレット。潜水艦部隊のみ、米軍側ドックに係留されるそうだ。

世界最強と謳われる米海軍第7艦隊のイージス艦、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の6番艦「DDG-56 ジョン・S・マケイン」。

同32番艦「DDG-82 ラッセン」、同13番艦「DDG-63 ステザム」。

全長410mの航空母艦専用埠頭「12号バース」。日本に配備された初の原子力空母「CVN-73 ジョージ・ワシントン」を入港時に係留する。

ヒャッホーーーーーウッ!! 気ーーー持ちいいーーーーーッ!!

海上自衛隊の全艦船と全航空機を指揮する海上自衛隊司令部が置かれている、長浦港・船越地区。

ふたみ型海洋観測艦の2番艦「AGS-5104 わかさ」。

うらが型掃海母艦の1番艦「MST-463 うらが」、やえやま型掃海艦の3番艦「MSO-303 はちじょう」。

昨年3月に退役した、はるしお型潜水艦の5番艦「SS-587 わかしお」。

やえやま型掃海艦の2番艦「MSO-302 つしま」。

ヒャッホーーーーーウッ!! 気ーーー持ちいいーーーーーッ!!

明治時代に掘削された、横須賀本港と長浦港を結ぶ人工水路「新井掘割水路」。

日米が共同利用する倉庫地区、吾妻島。

ひうち型多用途支援艦の5番艦「AMS-4305 えんしゅう」。

かつての横須賀鎮守府にあたる、海上自衛隊・横須賀地方総監部。10隻以上の護衛艦を係留可能な「吉倉桟橋」。

海洋観測艦「AGS-5105 にちなん」、練習艦「TV-3517 しらゆき」、はつゆき型護衛艦の8番艦「DD-129 やまゆき」。

はたかぜ型護衛艦の1番艦「DDG-171 はたかぜ」。

むらさめ型護衛艦の7番艦「DD-107 いかづち」。

むらさめ型護衛艦の1番艦「DD-101 むらさめ」。

出入港に関する情報は軍事機密で不明のため、どんな艦船と出会えるかは全てタイミング次第とのことだが、この日は運良く様々な艦船を眺めることができた。真夏の青空の下、オープンデッキで受ける潮風も実に心地良く、大興奮の45分間はあっという間に過ぎ去り・・・

帰港ッ!

いやー、やばい、超楽しかった。

さらに、下船後にもお楽しみが待っているッ!

ターミナル内のホワイトボードに3桁の数字が掲示されており、チケット半券に打刻されている数字の下3桁と一緒なら・・・

「YOKOSUKA軍港めぐり」オリジナルグッズ、「海上自衛隊カレー」を1個プレゼント!

さらにさらに、チケット半券を提示すると特典が受けられる近隣の飲食店が多数あり、たとえば「三笠公園」の近くにあるレストラン「LAUNA(ラウナ)」では・・・

ご当地グルメ「ヨコスカネイビーバーガー」をオーダー時、ソフトドリンクが1杯サービスとなる! ぷはーッ!

でかーいッ!! うまーいッ!!

幕末から軍港として歴史を重ねてきた街、YOKOSUKAならではのクルージング。インパクト満点の素敵な体験だった...!

追記:2016年4月22日(金)、遊覧船が「Sea friend Ⅶ(シーフレンド7)」号にリニューアルされた。

最大定員数は、以前より100名以上増の250名。2階席に雨や直射日光を避ける屋根が設置されるなど、大幅なパワーアップを遂げている...!

【店舗情報】

YOKOSUKA軍港めぐり
■住所:神奈川県横須賀市本町2-1-12
■営業時間:10:00便(※土日祝日およびGW、7月19日~11月末日の平日に運航)、11:00便、12:00便、13:00便、14:00便、15:00便、16:00便(※不定期)
■定休日:年中無休
■公式サイト:https://www.tryangle-web.com/naval-port.html
■公式Twitter:https://twitter.com/Tryangle_info
■公式Facebook:https://www.facebook.com/yokosuka.cruise/

【メンズコスメ】大人を磨く1本!ZIGEN 純石けんシャンプー&ボディソープ!
【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ!
【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見!
【メンズコスメ】敏感肌に優しい!ZIGEN オールインワンフェイスジェル!
【古着通販サイト】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!
【開運財布】金運の正体は機能性だ!老舗財布屋の小銭入れが超便利!
【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者・フリーライター。食べ歩いた飲食店は3000軒以上。20年来の大競馬ファン。ジョジョ4部・トニオさんのイタリア料理再現者。ゲスナー。

NEW POST新着エントリー