シグナル・ロッソ。

役者・秋山駿によるグルメレポートを中心とした、東京都と神奈川県の地域情報発信サイト!

Arrow
Arrow
【特別記事】フリマガ編集長と秋葉原の街を語る
Slider

【有楽町】食用エイリアンも販売!?福岡物産館「ザ・博多 有楽町店」取材レポート

   

r0009510-1

有楽町駅前のシンボル的存在であり、館内に10店舗以上の物産館や観光案内所が入っている複合商業施設「東京交通会館」B1Fに・・・

r0009621-1

r0009667-1

「ザ・博多 有楽町店」はある。

r0009728-1

福岡県福岡市博多区を代表する大型ショッピングモール「キャナルシティ博多」内にある土産店「ザ・博多 ギフトショップ」の東京支店として、2009年4月にオープンした福岡物産館だ...!

r0009687-1

「秋葉原ラジオ会館」1Fにあるギフトショップ「The AkiBa(ザ・アキバ)」、「ダイバーシティ東京 プラザ」2Fにあるギフトショップ「ザ・台場」とも姉妹店にあたる。

r0009762-1

店頭に設置されているのは、不定期で新商品やおすすめ商品がディスプレイされるという販売ワゴン。ここには・・・

r0009795-1

“有明海のエイリアン”と称される珍魚・ワラスボを丸ごと一本食べられる「ポリポリわらすぼ」。同じくムツゴロウを丸ごと一本食べられる「ポリポリむつごろう」。

r0009881-1

ワラスボ出汁をベースにした緑色のラーメン「エイリアンラーメン」。

r0009861-1

ワラスボエキス入りのエナジードリンク「エイリアンエナジー」。

r0009984-1

天日干しムツゴロウが丸ごと一匹入った「むつごろうスープ」。

r0010014-1

r0009932-1

柳川市の郷土料理である「イソギンチャクの味噌煮」のレトルトパッケージ。“貝柱の王様”と称される、有明海を代表する二枚貝・タイラギの貝ヒモの醤油煮「びらびら醤油煮」。

r0009966-1

r0009814-1

・・・などなど、インパクト超満点の特産品がズラリッ!

r0010157-1

そして、売場面積約10坪の小さな店内には、そういったマニアックな商品や、都内でここだけでしか取り扱っていない限定販売品を含む450~500点のアイテムが、ぎっしりと陳列されているッ!

r0010216-1

銀座の玄関口という場所柄、平日はオフィスワーカーのリピート客が多いため、箱モノ土産や手間いらずの食品を特に充実させているそうだ...!

r0011469-1

r0011514-1

r0011494-1

r0011730-1

r0010178-1

r0010923-1

r0011327-1

r0011100-1

r0011022-1

r0010951-1

r0010993-1

r0011359-1

r0010405-1

中でも、冷蔵ショーケースは必見!

r0010473-1

福岡発の冷やして食べる唐揚げ「努努鶏(ゆめゆめどり)」をはじめ、もつ鍋や水炊き、鉄なべ餃子など、福岡のうまかもんが凝縮ッ...!

r0012225-1

r0012278-1

r0012220-1

r0012253-1

r0010491-1

r0010543-1

r0010575-1

r0011124-1

定番中の定番、辛子明太子も各有名ブランドが揃っている。

r0011180-1

r0011160-1

r0011290-1

r0011239-1

r0011216-1

r0011986-1

もちろん豚骨ラーメンも、博多・長浜・久留米の名店の味がスタンバイ!

r0011998-1

r0012109-1

r0012041-1

r0012420-1

r0012076-1

r0010728-1

お菓子は老舗店の銘菓が中心で、「二◯加煎餅(にわかせんぺい)」や「鶴乃子」、「博多美人」といったツボを押さえたラインナップだ。

r0010837-1

r0010691-1

r0010750-1

r0010795-1

r0010887-1

r0011339-1

r0010596-1

お酒コーナーだってある!

r0010624-1

r0010660-1

r0011809-1

加えて雑貨まで並んでいるのだから、店内を眺めているだけでも飽きることがない...!

r0012177-1

r0011840-1

r0011929-1

r0011889-3

男性注目の一品、博多男子専用ボクサーパンツ「俺の明太子」。

r0011591-1

r0011657-1

r0011682-1

r0011691-1

r0011649-1

ダンボー!

r0011373-1

店長さん曰く、“自分たちが好きなものを置く”ことを売場づくりの主眼に置いており、これだけ多種多彩な品揃えにも関わらず、味の特徴や他社製品との違いなど、常にスタッフ間で商品についての情報共有を徹底しているのだという。何を選べば良いか迷ってしまった時は、なんでも気軽にスタッフに訊ねてほしいとのことだった。

r0011453-1

そんな“消費者目線の売場づくり”は、自分たちの生の声を反映させた手描きPOPが豊富な点にも表れている...!

r0011766-1

r0011251-1

r0010422-1

r0012304-1

また、全員女性スタッフのため。

r0012334-1

ラッピングが可愛らしい。

r0010278-1

ちなみに秘かな名物が、同店オリジナル商品「あまおうソフトクリーム」。その名の通り、福岡発のブランドいちご「あまおう」のソフトクリームだ...!

r0010246-1

福岡県三潴郡のいちご農家「池上農園」産のあまおうを使用した、ミルクまでオール九州産原料の、贅沢なご当地スイーツであるッ!

r0010302-1

先にレジで会計を済ませて、専用ブースで作ってもらうシステム。

r0012454-1あまおうソフトクリーム¥400-

じゃじゃーんッ!!

r0012513-1

“うっすらピンク色”程度の不鮮明な色合いなのは、添加物に頼らず、果実の生ピューレを使っている証拠。大粒で糖度の高いあまおうの濃厚な風味と甘酸っぱさが、優しいミルクの味わいに抱かれた、キュートな美味さだッ...!!

r0012563-1

ボリュームもたっぷりじゃーッ!!

r0010039-1

年間1万本弱を売り上げる人気だそうで、これだけを購入しにきてもokとのこと!

r0012393-1

そうそう、「エイリアンエナジー」も冷やして販売されているので、こちらも買ってすぐ飲めるぞーッ!!

r0010385-1

ただ単に、郷土の土産を揃えればいいワケじゃない。記憶に残る商品選びと胸躍る空間づくりで、土地々々の文化を伝えることが、物産館のテーマだと筆者は思っている。

ザ・博多は、まさしく「ザ・博多」であった...!

※プレス取材の為、特別に店内の撮影許可を頂いています。

【店舗情報】

ザ・博多 有楽町店
■住所:東京都千代田区有楽町2丁目10-1 東京交通会館B1F
■営業時間:10:00~20:00
■定休日:年中無休(※施設休館日を除く)
■公式Twitter:https://twitter.com/hakata_tokyo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シグナル・ロッソ。をフォロー!

 - 【地域】スポット・店舗レポート

 PICK UP PR!

【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見だ!【コレクション】

【超愛用中!】メンズコスメ ZIGEN(ジゲン) オールインワンフェイスジェル【通販限定】

【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!【使用中】

【古着通販】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!【ファッション】

 YouTube 秋山駿TV最新動画

特集企画記事

1
【ジョジョ】トニオさんのイタリア料理を再現してみた・改 まとめページ【第4部】

※トニオさんのイタリア料理を再現してみた、とは 漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第4部・コミックス第33巻に登場するキャラクター、イタリア料理人スタンド使いの“トニ ... 全文表示>>

2
【ヨコスカネイビーバーガー】全店舗取材レポート まとめ記事【ご当地グルメ】

神奈川県横須賀市のご当地グルメとして、2009年1月30日(金)より市内4店舗で販売開始された「YOKOSUKA NAVY BURGER(ヨコスカネイビーバーガ ... 全文表示>>

3
【東京競馬場グルメ】レポート まとめ記事(フジビュースタンド)

競馬の祭典「日本ダービー」の舞台として知られる「東京競馬場」は、日本最大の公営ギャンブル場。収容人数22万人超、スポーツ施設としても世界第2位の規模を誇る広大な ... 全文表示>>

4
【中山競馬場グルメ】レポート まとめ記事(メインスタンド)

売上高世界一を誇る年末の風物詩「有馬記念」の舞台として知られる「中山競馬場」は、「東京競馬場」と共に日本を代表する公営ギャンブル場。収容人数約17万人の場内には ... 全文表示>>

5
【新横浜ラーメン博物館】全店舗グルメレポート まとめ記事

1994年の開館以来、全国各地から40店舗以上のラーメン店を招聘してきたラーメン専門のフードアミューズメントパーク、“ラー博”こと「新横浜ラーメン博物館」。食を ... 全文表示>>

6
【秋葉原みやげ】萌え菓子(痛菓子)+ネタ菓子レポート まとめ記事

日本最大の電気街であり、世界最大のオタク街、“聖地アキバ”こと秋葉原。2005年頃からのアキバブーム・オタク文化ブームによる大衆化も影響し、いまや多くの外国人観 ... 全文表示>>

7
【横須賀みやげ】レポート まとめ記事

農漁村から開国を経て異国情緒溢れる軍港の街となった、神奈川県横須賀市。近年は“カレーの街”としても全国的な知名度を得る横須賀の、市内中心部の注目スポットで発見し ... 全文表示>>