初春の休日夕方17時頃、五反田駅東口ロータリー前の歓楽街・五反田有楽街の一角にて、「もつ焼き ばん 五反田店」へ。

創業昭和33年の老舗、祐天寺の赤提灯「もつ焼き ばん」の暖簾分け支店。

焼酎の炭酸割りを日本で初めて“サワー”と名乗った、サワー発祥の店である。

昭和歌謡が流れる店内は約40席、ブラウン管TVやパイプ椅子のテーブル席がレトロ感満点。

もつ焼きの焼き場を中央に構え、それをぐるっと囲む形の、コの字型カウンターの端の席に着く。

もつ焼き1本、100円均一!


サワー¥300-、レモン¥100-

まずは、名物「サワー」×レモンで、元祖・レモンサワー!

本店と同じく、氷入りジョッキに入った焼酎、炭酸水・ハイサワー、レモン1個&絞り器が別々に出されて自分で作る。

ぷはーッ!


タンもと¥100-、きくあぶら¥100-

酒の肴は看板メニューのもつ焼きから、「タンもと(舌の根元)」と「きくあぶら(大腸周りの脂)」をタレでオーダー。

うめぇぇぇぇぇッッ!!

うめぇぇぇぇぇッッ!!


中身¥200-

たまらず、早くも「中身(焼酎のみ)」をお替わり! 残しておいたハイサワー半量+レモン半個で、レモンサワー2杯目!

ぷはーッ!


ハラミ¥100-、おっぱい¥100-

続いて再度もつ焼きから、「ハラミ(横隔膜)」と「おっぱい(おっぱい)」を塩でオーダー。

うめぇぇぇぇぇッッ!!

おっぱーーーいッッ!!


ホイス¥320-

たまらず飲むッ! 東京・白金発祥、小売りが無く飲食店限定で扱う、幻の酒とも言われるチューハイの元祖「ホイス」!

ぷはーッ!


激辛とんび豆腐¥450-

続いて、名物「激辛とんび豆腐」!

豚テール肉=“とんび(豚尾)”と、人参、セロリ、白葱、赤唐辛子、絹ごし豆腐を煮込んだチゲ風煮込み!

とんびはほろっほろのとろっとろ! 本店よりもあっさりとした仕上がりで、ホイスとも相性抜群ッ!!


焼おにぎり(2個)¥320-

〆のオーダーは、定番の「焼おにぎり」!

もつ焼きの醤油タレを塗って香ばしく焼いた、これぞ焼おにぎり!、という焼おにぎり! たまんねぇぇぇぇぇぇぇッッッ!!!

庶民の庶民による庶民のための食卓、古き良き大衆酒場のスピリット。ふと見渡せば、店内はほぼ満席の賑わいだった。

赤ら顔のほろ酔いで、五反田の夜は更けてゆく...!

【店舗情報】

もつ焼き ばん 五反田店
■住所:東京都品川区東五反田1-12-9 イルヴァーレ五反田ビル1F

Twitterで最新情報を発信中!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者/ライター。「AKIBA観光協議会」公認ライター。ピン芸でお笑いLIVEにも出演。食べ歩いた飲食店は4000軒以上。20年来の大競馬ファン。

NEW POST新着エントリー