【大崎広小路】平和軒 「ラーメン」

山手通り・大崎警察署交差点から、立正大学品川キャンパス正門へと続く坂道・峰原通りの中腹に。

閑静な住宅街に入る、10段ほどの小さな石段がある。

その先で、ひっそりと。

中華料理店「平和軒」は、長年風雨に曝されたであろう、古びた暖簾を掲げていた。

昭和2年創業、同地で昭和40年開業の老舗店。

飾り気の無い簡素な内装の店内は、右手にパイプ椅子のテーブル×2卓8席、左手に小上がりの畳座敷席。

セルフサービスで水を取って。

入口脇のテーブル席に着き、注文を告げて待つ事しばし。


ラーメン¥470-

一杯のラーメンが供された。

一目見て、なんと美しいのだろう、と思った。

しっかりと味の染みたチャーシューは、バラとモモの部位が1枚ずつ。

甘く炊いたメンマと、たっぷりの刻み白葱に、ナルトを添えて。

豚骨×鶏ガラベースの清湯醤油スープは、動物系のしっかりとした旨味とコクに仄かな甘味が重なり、昔ながらの東京ラーメンともまた違う、深みと趣のある味わい。

麺は自家製の中細縮れ麺で、柔らかめの茹で上げと思いきや、小気味良い張りと歯応えのある食感に驚く。

実に、美味い。

人と、食への、感謝に満ちた一杯。この心の安らぎは、きっと、そういうことだろう。

【店舗情報】

平和軒
■住所:東京都品川区大崎3-1-16

Twitterで最新情報を発信中!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者/ライター。「AKIBA観光協議会」公認ライター。ピン芸でお笑いLIVEにも出演。食べ歩いた飲食店は4000軒以上。20年来の大競馬ファン。

NEW POST新着エントリー