【横須賀】魚藍亭のよこすか海軍カレー館 「海軍さんの鉄板カレー、よこすか開国ペリーカレー」

春の平日昼11:30過ぎ、横須賀・どぶ板通り商店街から、山間の諏訪大神社へと向かう坂の中腹・・・

三浦半島の地魚を活造りで供する、活魚料理「魚藍亭」へ。

・・・に隣接する姉妹店、「魚藍亭のよこすか海軍カレー館」へ。

2001年末に誕生した横須賀のご当地グルメ「よこすか海軍カレー」を供する、認定第1号店。

入口のドアを開けると、赤レンガ造りの壁と桟橋を思わせる木製スロープが現れる...!

トントンと足音を鳴らして、いざ乗船。

店内は、救命浮輪や舫い綱、灯台をモチーフにした時計等が船内を想起させる、レトロで落ち着いた空間。

波に揺られる錯覚すら覚えるな...!

メニューは、元祖・よこすか海軍カレーを中心に、旧海軍に因んだカレーや一品料理も多数。

程なく、ランチタイムサービスのミニサラダが登場。


海軍さんの鉄板カレー¥1300-

オーダーは、1日10食限定「海軍さんの鉄板カレー」!

海上自衛隊の金曜日の昼食を模した料理を、艦内で実際に使われているものと同じステンレスプレートに盛り付けたセット。

カレーライスはもちろん、元祖・よこすか海軍カレー。

元々は英国海軍から伝わった兵食の一つであるカレーシチューを、日本人向けにアレンジしたものがカレーライスのルーツ。明治41年著『軍割烹術参考書』記載のレシピに基づき、当時の味を忠実に再現した一品...!

カレー粉と炒った小麦粉でとろみが付けられた、原初の味だ。

福神漬け、らっきょう、フルーツチャツネが添えられている。

そして、ポテトコロッケ、ウインナー、フライドポテト、サラダに・・・

にんにく醤油をかけた、マグロのレアステーキに・・・

海藻サラダに・・・

オレンジを食べれば、提督気分ッ!?

また、海軍のカレーは栄養バランスを考慮して、サラダと牛乳と共に3点セットで供されるのが戦時中からの習わしだ。


よこすか開国ペリーカレー¥1250-

さらに追加で、「よこすか開国ペリーカレー」をオーダー!

江戸幕末の1853年、ペリー提督率いる黒船艦隊が横須賀・浦賀沖に来航した際に持ち込んだ炭酸レモネードが、日本に於ける炭酸飲料の伝来と言われている。それに因み、アメリカといえば!な炭酸飲料・・・

コーラで煮込んじゃったカレー! わははッ!

激甘ったるい味を想像していたが、意外にもツンとした酸味が印象的な仕上がり。

これは開国せざるを得ない...!

ちなみに、よこすか海軍カレーのレトルト商品も販売中。

トントンと足音を鳴らして、いざ下船。

今やすっかり定着した“カレーの街よこすか”の、始まりの一軒...!

【店舗情報】

魚藍亭のよこすか海軍カレー館
■住所:神奈川県横須賀市緑が丘29
■公式サイト:http://www.gyorantei.com/curry/

Twitterで最新情報を発信中!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者/ライター。「AKIBA観光協議会」公認ライター。ピン芸でお笑いLIVEにも出演。食べ歩いた飲食店は4000軒以上。20年来の大競馬ファン。

NEW POST新着エントリー