【新横浜】澄み渡る極上豚骨スープ!博多「名島亭」が本州初上陸【ラーメン博物館】

本記事は、神奈川県横浜市にあるラーメン専門のフードテーマパーク、“ラー博”こと「新横浜ラーメン博物館」に出店している店舗をレポートするシリーズ記事。

今回は、先月2月18日(水)にB2Fにオープンした新店舗、福岡・博多地区発のラーメン店「元祖 名島亭」!

同店は昭和62年創業、東区名島の本店1店舗のみで営業を続けてきた、福岡を代表する人気豚骨ラーメン店の一軒で、ここが初の支店という形での出店である。

白×黒×木目基調のスタイリッシュな店内は、キッチンを囲むL字型カウンター席と、壁際のカウンター席が計16席。

また、入口脇のスペースに、大テーブル席も2卓置かれている。

卓上調味料と無料トッピングは、辛子高菜、紅生姜、生ニンニク+ニンニク絞り器、白胡麻、すり胡麻、白胡椒、餃子のタレ、・・・と実に豊富!


築炉釜出しとんこつラーメン¥750-

じゃじゃーんッ!! 看板メニューは「築炉釜出しとんこつラーメン」!!

五右衛門釜と称される鋳鉄製羽釜“築炉釜”で、創業以来継ぎ足し続けているという、豚頭×げんこつの豚骨100%スープが特徴ッ!

澄んだ濁りのない見た目通り、まろやかな優しい口当たりでクセや臭みは皆無、驚くほどあっさりとした上品な仕上がりだ。それでいて豚骨本来の力強い旨味とコクが凝縮されており、じんわりと味わい深く、いくらでも飲めてしまいそうッ...!!

具材は、もも肉チャーシューが3枚と、キクラゲ、水炊き用の博多産万能ねぎ。このシンプルさが、スープをより引き立てている...!

麺は4種類の固さを選べて、カタめをチョイスした。長浜らしい低加水で硬質な極細ストレート麺で、歯切れ良く、小麦の香りがふわっと広がる。美味いッ!!

そして、替玉では味の変化を楽しむ...!


替玉¥120-

じゃじゃーんッ!!

固さは、今度は普通をチョイスした。

卓上のトッピングを総動員して・・・

ニンニクもクラッシュ!、して投入すれば・・・

味にも食感にも多彩なアクセントが加わり、インパクト満点ッ! が、こんなにも上品な豚骨スープが、それでも土台でしっかりと、全然負けていないのが凄いッ...!!

その名も、博多屋台味ッ!!

【新横浜ラーメン博物館特集 まとめ記事】

新横浜ラーメン博物館 全店舗グルメレポート まとめ記事

【新横浜ラーメン博物館】全店舗グルメレポート まとめ記事【最新版】

2015年7月31日

【施設情報】

新横浜ラーメン博物館
■所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜2−14−21
■新横浜ラーメン博物館 公式サイト:http://www.raumen.co.jp/
■新横浜ラーメン博物館 公式Twitter:https://twitter.com/ramenmuseum
■新横浜ラーメン博物館 公式Facebook:https://www.facebook.com/raumenmuseum

Twitterで最新情報を発信中!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者/ライター。「AKIBA観光協議会」公認ライター。ピン芸でお笑いLIVEにも出演。食べ歩いた飲食店は4000軒以上。20年来の大競馬ファン。

NEW POST新着エントリー