春の横須賀観光メディア視察ツアー2015(注目スポット) レポート

先日3月25日(水)、「横須賀市観光協会」が主催した、メディア向け横須賀視察ツアーに招待頂いた。

※横須賀市観光協会 公式サイト:http://yokosuka-kanko.com/

農漁村から開国を経て異国情緒溢れる軍港の街となった横須賀で、市内の注目スポット4ヶ所を徒歩で巡る取材ツアーだ...!

京急横須賀中央駅からスタートし、まずは駅前のアーケード商店街「三笠ビル商店街」の一角に・・・

先月2月初旬にオープンしたばかりの、「MILITARY SHOP YOKOSUKA(ミリタリーショップ横須賀) 三笠本店」へ!

※ミリタリーショップ横須賀 三笠本店 公式サイト:http://yokosuka-curry.com/military/index.html

自衛隊グッズ&お土産を中心に販売するミリタリーグッズ専門店で、これまで防衛省・自衛隊の駐屯地や基地、航空祭などの特別イベント会場でしか購入できなかったアイテムを多数取り扱っている。

1Fは、小物雑貨&食品フロア。

陸上自衛隊高等工科学校の制服モデルフィギュア、などなど、マニア必見の超レアなグッズがズラリ...!

2Fは、衣料品フロア。陸・海・空で隊員達が愛用する、迷彩柄の商品を中心に陳列。

壁一面に並ぶ、陸上自衛隊の迷彩柄バッグは圧巻だッ!

3Fは、展示室。先日3月22日(日)より、横須賀発の模型同好会「おおなみ会」が手掛けた、艦船模型や航空機模型を展示中。

“陸海空自衛隊”がテーマとのこと。

早期警戒機「グラマン E-2CJ ホークアイ」。

ヘリコプター搭載護衛艦、ひゅうが型護衛艦1番艦「DDH-181 ひゅうが」、同2番艦「DDH-182 いせ」。

また、前回展示されていた「空と海のサークル・波濤(はとう)の会」が手掛けた作品も、1点だけ残されている。

旧日本海軍 陽炎型駆逐艦8番艦「雪風」、の1/200スケール模型である。ほぼ無傷で終戦を迎えたことで、“奇跡の駆逐艦”および“幸運艦”と称された雪風を、幸運の守り神として飾り続けているそうだ。

グランドオープンからまだ2ヶ月弱にも関わらず、商品や展示物の入れ替わりもあり、改めて見応え満点の空間だった...!

続いて、今月開店2周年を迎えた「よこすかポートマーケット」へ!

※よこすかポートマーケット 公式サイト:http://portmarket.cs-yokosuka.com/

“地産地消”、“旬産旬消”をテーマに、横須賀で獲れた旬の農水産物を中心に提供する地場産物総合販売所だ。もともとはマグロ用の巨大冷凍倉庫だった建物で、当時の庫内はマイナス30℃に保たれていたそう...!

飲食店を含め、計14店舗が出店している。

中でも注目は、やはり水産物。

漁師や漁協の直営店、自社漁船を持つマグロ問屋の直営店などがあり、三浦半島の多彩な海の幸が販売されている。

今朝水揚げされたばかりの、朝獲れ鮮魚をはじめ。

佐島名物のしらすは、まさに産直価格!

良質なマグロも、卸値に近い値段で手に入る...!

なんと、鉄火丼の注文販売まで。

店頭のその場でサクから切り分けて、館内のフードコートで頂けてしまう!

さらに、精肉店のショーケースには地元のブランド牛「葉山牛」が並び。

青果売り場には、横須賀産の野菜と。

果物。

田浦にあるフロッピーディスク工場をリノベーションしたという、大手電機メーカー「東芝」の植物工場で作られた、クリーンルーム栽培野菜。

ベーカリーには、よこすか海軍カレーパン。

ジェラテリアには、地元牧場の牛乳で作ったソフトクリーム&ジェラート。

ギフトショップにも地場物が豊富に並んでおり、これぞ地産地消マーケット!という、横須賀の魅力が凝縮された施設となっている...!

昼食は、館内の飲食店「なぶら」で頂いた。

同店は佐島の漁師の直営店で、佐島で水揚げされた地魚やしらすなどの海鮮料理を提供している。


大漁てっぱつ舟盛定食¥1500-

これが、1番人気メニューの「大漁てっぱつ舟盛定食」! 佐島弁で、“てっぱつ=すごく”の意味だそう...!

ワラサ、タイ、サワラ、スズキ、イナダとマグロとアカイカのなめろう、の5種舟盛りが登場ッ! すげーッ!!

内容は日替わりで、全て佐島で水揚げされたものだという! 豪華ーッ!!

ご飯(おかわり無料)、小鉢、あら汁、茶碗蒸し、漬物が付く。素晴らしいコストパフォーマンスだッ...!

美味いッ!!

鮮度抜群ッ!!

日本酒が飲みたぁぁぁぁぁーーーーーいッッッ!!!

続いて、裏手の三笠桟橋から「猿島」へと渡る。

「YOKOSUKA軍港めぐり」の遊覧船の姉妹船、「Sea friend(シーフレンド) 1号」に乗船して・・・

いざ、出航ッ!! ヒャッホーーーーーウッ!!

気ーーー持ちいいーーーーーッ!!

約10分で到着!

猿島は、東京湾唯一の自然島であり無人島。終戦まで旧海軍の要塞として利用され、一般人の立ち入りが禁じられていたため、島内には豊富な自然や戦争遺跡が残されている。

海が綺麗だ。

ザザーン。

ザー。

猿島といえば、夏場の海水浴とBBQの印象が強いが、シーズン外に訪れても楽しめるように新考案されたイベントが・・・

今回体験する「カクレヨン」!

島内に隠れた架空の新種カメレオン「カクレヨン」を探す謎解きプログラムだそうで、優秀な成績を残せば、賞金や記念品ゲットのチャンスあり!

体長20cmほどの、こんなやつらしい。

島内散策も楽しみつつ、イベント開始...!

野鳥のさえずりが響く、緑豊かな中に。

兵舎や弾薬庫といった、レンガ造りの旧要塞施設があちらこちらに。

砲台跡。

猿島を訪れたのは20年以上振りだ。子供の頃は何とも思わなかった景色に、深く考えさせられるものがある。

縄文時代の土器が発見された洞窟など、世紀を超えた歴史を感じさせる場所も。

展望台は、『仮面ライダー』の初代ショッカーの秘密基地のロケ地としても有名だ。

岩肌のコケが実に美しい。

山と海の魅力を、短時間で同時に味わえるのも、孤島ならではだろう。

ちなみに、周辺一帯は根が点在する浅瀬で、絶好のフィッシングポイント。

ただし、磯遊びの際はヒョウモンダコに注意。

・・・で、肝心のカクレヨンなのだが、こんな所にいたり。

こんな所にいたりで、全っっっ然分からん!!

結局2時間で、3匹しか見つけられなかった。これだけ難易度が高ければ、“大人が本気で楽しめるゲーム”だとの評判に納得ッ!

時間無制限で、何度来島してチャレンジしてもokにも関わらず、今までの完全成功者は1%未満だという...!

リベンジを誓い、猿島を後にする。

SEE YOU NEXT TIME!

最後は、「三笠公園」に永久保存されている「記念艦三笠」を観覧!

※記念艦三笠 公式サイト:http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/

大日本帝国海軍戦艦「三笠」。日露戦争時は連合艦隊旗艦を務め、日本海海戦に於いて、当時世界最強と謳われたロシア・バルチック艦隊に対して、世界海戦史上稀に見る完全勝利を収めた伝説的な艦である。

公益財団法人「三笠保存会」の曽川正さんに、艦内をガイドして頂いた。

建造に、当時の国家予算の5%もの費用を費やしたこと。

東郷平八郎司令長官が戦闘指揮を執った最上艦橋前部は、戦闘時に立つと、波飛沫でずぶ濡れ状態になってしまうこと。

木甲板に使用されたチーク材の厚みが、12~3cmであること。

司令官専用ラッタルが、艦内唯一の木製階段だったこと。

某ドラマのロケ地となった際の話まで、大変興味深い解説を拝聴した。

知識を深めるほどに、艦内に足を踏み入れる意義を増してゆく。

かつて国を挙げて造り出した兵器が、今は平和の尊さを伝えるシンボルに。ここは横須賀を語るに欠かせない場所だと、再認識した。

・・・これで本来行程は終了だったのだが、EXTRAツアーで「どぶ板通り商店街」へ。

今月3月28日(土)のグランドオープンに向けて準備中の、「7th Fleet(セブンスフリート)」の店内を見学させて頂いた。

代表取締役社長のアダム・ジョーンズさん。

後日、再度訪問する予定だ!

横須賀の文化や産業について知見を広める貴重な機会となり、非常に充実した1日となった。今後も現地に足を運び体感することで、さらなる横須賀の魅力を発見していけたらと思う...!

おみやげ。いえーい。

【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ!
【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見!
【メンズコスメ】敏感肌オトコに!ZIGEN オールインワンフェイスジェル!
【古着通販サイト】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!
【開運財布】金運の正体は機能性だ!老舗財布屋の小銭入れが超便利!
【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者・フリーライター。食べ歩いた飲食店は3000軒以上。20年来の大競馬ファン。ジョジョ4部・トニオさんのイタリア料理再現者。ゲスナー。

NEW POST新着エントリー