【秋葉原】ガンダムカフェが大規模リニューアル!4つのエリアの魅力を徹底解説【取材レポート】

2010年4月のオープン以来、ガンダムファンの新たな聖地として、また秋葉原の観光スポットとして世界中から注目を集めてきた、「株式会社BANDAI SPIRITS」が運営するガンダム公式カフェ「GUNDAM Cafe 秋葉原店」。

国内におけるキャラクターテーマカフェの先駆けともなった同店が、2020年7月31日(金)、店舗規模が以前の約3倍・・・を上回る約4倍に拡大されて、新たに「GUNDAM Cafe TOKYO BRAND CORE(ガンダムカフェ トーキョー ブランドコア)」へと生まれ変わった。

施設内は2つのレストランをはじめ4つのエリアに分かれており、面積だけではなくエンターテインメント性も大幅にパワーアップ。本記事では、筆者が実際に現地で体感した各エリアの魅力を、エリアごとに詳しく解説する。

見せてもらおうか、新しいガンダムカフェの性能とやらを...!

レストランエリア

施設中央に構えるメインゾーン「レストランエリア」は、“宇宙戦艦内の食堂”をイメージ。

最大120席の広々とした店内には、戦艦の窓を想起させる全長18mの大型マルチモニターを備えており、宇宙空間を飛行するモビルスーツやスペースコロニー、ガンダムシリーズの舞台となった世界各地の風景などが映し出される。

ガンダムシリーズのアニメ作品を手掛ける「株式会社サンライズ」が新たに制作した、ここでしか見られないオリジナル映像だそうで、モニターを眺めているだけでも楽しいッ!

加えて、歴代ガンダム作品の名シーン集や主題歌集のような、ファンの胸を熱くさせる映像プログラムも用意しているとのこと...!


▲アムロ専用パイロットランチ¥1430-

また、フードメニューには、劇中に登場した料理を再現したものをはじめ、ガンダムの世界観を表現した遊び心あふれる一品が揃っている。


▲スレッガーのハンバーガー¥1540-

ハンバーガーは、数々のグルメバーガー系店舗にバンズを卸していることで名高い、新宿区にあるベーカリーショップ「峰屋」のバンズと、牛肉100%パティを使用した本格派!

窯焼きナポリピッツァも、注文が入ってから生地にトッピングをして、店内の石窯で1枚1枚丁寧に焼き上げているなど、美味しさにもこだわりアリなのだッ...!


▲窯焼きナポリピッツァ RX-78-2 GUNDAM Ver.GUNDAM Cafe¥1320-


▲グラス付きドリンク RX-78-2 GUNDAM Ver.GUNDAM Cafe¥1540-

さらに、事前予約制の「G DIMENSIONS EX DINNER SHOW(ジーディメンションズ エクスディナーショー)」も大注目!

新規描き下ろしイラストと録り下ろしボイスを含む完全オリジナルストーリーが映像で繰り広げられ、シャア・アズナブルやキラ・ヤマトといった人気キャラクターが来店客に語りかけながら、実際にコースメニューを振る舞うという内容の新感覚ディナーショーだ...!


▲『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を題材にしたプログラム『シャアとガルマが贈る“暁の決起集会”』では、来店客がジオン軍の兵士として決起集会に参加する形。


▲アクター店員がキャラクターと掛け合いをしながら進行役を務める。


▲ストーリーと連動したコースメニュー。


▲ビーフライス~Presented byシャア~。


▲ローストビーフ~Presented byガルマ~。


▲ブラウニーと5種のフルーツ~Presented byガルマ&シャア~。


▲兵士全員でガルマ様に敬礼!

自分がガンダム作品の一員になれる、映像とリアルがリンクする90分間には興奮必至ッ!

他にも、ガンダム各作品にちなんだ様々なライブイベントを実施予定だという...!

ニューガンダムカフェは伊達じゃない!!

Zeon’s Diner TOKYO(ジオンズダイナー トーキョー)

ジオン軍の将校クラスのみが入店を許されるという設定の「Zeon’s Diner TOKYO(ジオンズダイナー トーキョー)」は、“ジオン兵なりきり体験”が楽しめる体験型ダイナー。

「インタラクティブプロジェクションシート」と「ARミッションシート」の2つの席種が用意されており、着席したテーブルや注文したメニューによって演出が異なるのが特徴だ。

インタラクティブプロジェクション(※センサーで人の動きや物の形状を検知して、映像が変化するプロジェクションマッピング)を用いた「インタラクティブプロジェクションシート」では、テーブルに広がるバーチャル空間で戦闘シュミレーションが楽しめる。

注文した料理をテーブルに置くと・・・

お皿からモビルスーツが出現ッ!


▲ザビ家料理:ギレン・ザビ「ア・バオア・クー」格式を重んじるシュニッツェル¥1320-

フルオートで連邦軍との戦闘が開始され、テーブル全体で一斉攻撃ッ...!

この化け物が!墜ちろ!墜ちろおおおぉッ!!


▲ザビ家料理:ドズル・ザビ「ソロモン」ザビ家の伝統を作る肉盛り¥1210-

見事、ジオン軍の勝利。戦いは数だよ兄貴!!

「ARミッションシート」では、食事をしながらAR(拡張現実)機能を搭載した端末を使用して、ギレン総帥からのミッションに挑む。

注文した料理に添えられたARマーカーを読み取って、いざ開始ッ...!

与えられた5つのミッションをクリアすることができれば、報酬として「Zeon’s Dinerオリジナル ザビ家勲章バッジ(※全6種類)」が贈呈されるという内容だ!

これは・・・いいものだ!!

また、店内に「ジーク・ジオン!」のかけ声が響き渡る、「ギレンの演説タイム」が設けられていたり。

ギレン総帥の演説が流れる中で、あの名セリフ「坊やだからさ」をつぶやけちゃうBARカウンターも設置!

劇中に登場した「あの日の一杯」とともに、シャア気分で記念撮影まで可能だッ...!


▲あの日の一杯¥660-(※グラス付き価格は¥1430-)

圧倒的空間じゃないか、Zeon’s Dinerは!!

fortuneLatte Cafe(フォーチューンラテ カフェ)

「fortuneLatte Cafe(フォーチューンラテ カフェ)」では、街歩きのお供に最適なテイクアウトドリンクを販売!

看板メニューの「フォーチューンラテ」は、店頭の専用タブレットを使用してミニゲームや質問に回答すると、その場でラテのフォームドミルク(泡)の部分に、キャラクターやモビルスーツの絵柄が食用インクでカラープリントされる、体験型プリントドリンクだ...!

ベースとなるドリンクを選んで。

ガンダム各作品やキャラクターにちなんだ全12テーマの中から、好きなテーマを選ぶと。

テーマ内から、絵柄がランダムで選出されて。

ガガガーッとフードプリンターが起動!

こいつ、動くぞ!!

プリントの様子がリアルタイムで、モニターに映し出されて。

じゃーんッ!! 完成ッ!!

カップリングラテの組み合わせ数も含めると、絵柄はなんと350種類以上。どんな絵柄が出るか分からない、ワクワク感が楽しいッ...!

また、キャラクターやモビルスーツがデザインされた「クリアボトル付きドリンク」、リニューアル以前からの人気メニュー「ジャブローコーヒー」なども提供している。


▲バナージ・リンクスの同店限定デザインボトル。


▲風神雷神図屏風をモチーフにしたデザインボトル。

ボトルを飾るなんて最高です。偉い人にはそれが分からんのですよ!!

グッズショップ

「グッズショップ」では、ここでしか手に入らない同店限定商品をはじめとしたオリジナルグッズを約360点販売!

日本文化や伝統工芸品とコラボレーションした「Discovery-G(ディスカバリージー)」、日本各地の名産品やご当地メーカーとコラボレーションした「JAPAN FOOD COLLECTION(ジャパンフードコレクション)」など、お土産やプレゼントにピッタリな商品を幅広く取り揃えているッ...!

また、「GUNDAM Cafe」のロゴをモチーフにして誕生した、オリジナルデザインの黒いガンダム「RX-78-2 GUNDAM Ver.GUNDAM Cafe」のグッズにも注目だッ!


▲キャラクターやロゴがプリントされたアイシングクッキー「Gのレディース&ジェントルメンクッキー」。


▲「シャイニングコースター ガンダムカフェセレクト ガンダムSEED編」。


▲「スマホスタンド ガンダムカフェセレクト 宇宙世紀編」。


▲アクリルスタンド「ガンダムカフェセレクト MODEL SHEET AS」。


▲「ガンダムカフェセレクト 描き下ろしキャラクターピンズ」。


▲「ラバーマスコット RX-78-2 GUNDAM Ver.GUNDAM Cafe」。


▲「フェイスマグ RX-78-2 GUNDAM Ver.GUNDAM Cafe」。


▲「ポケミニボトル RX-78-2 GUNDAM Ver.GUNDAM Cafe」。


▲「ガンダムカフェオリジナルTシャツ RX-78-2 GUNDAM Ver.GUNDAM Cafe」。


▲プリントクッキー「秋葉原のガンダムカフェに参戦しました!クッキー」。


▲「千鳥屋」とコラボした「GUNDAM チロリアン」。


▲「亀屋万年堂」とコラボした「ガンダムナボナロングライフ」。


▲「喜久水庵」とコラボした「抹茶生クリーム大福 ザク福」。


▲「神戸風月堂」とコラボした「ガンダムミニゴーフル」。


▲「山本海苔店」とコラボした「ガンダム海苔ちっぷす」。


▲「八幡屋礒五郎」とコラボした「GUNDAM 七味唐辛子」。


▲「たいめいけん」とコラボした「黒い三代目のごはんのおとも デミグラスハンバーグ」。


▲「玉川食品」とコラボした「MSN-00100 百式カレーうどん」。


▲「小笠原製粉」とコラボした「ガンダム黒いヤツ用ラーメン」。


▲「難波自由軒」とコラボした「フリーダムガンダムカレー」。


▲“鍛冶の町”として名高い新潟県燕市で生産された「GUNDAM バーニアタンブラー」。


▲岩手県の伝統工芸品「南部鉄器」とコラボした「鉄瓶 ZAKU」。


▲石川県金沢市の伝統工芸品「金沢箔」とコラボした「GUNDAM 金箔ガラスプレート」。


▲石川県の伝統工芸品「九谷焼」とコラボした「7号皿 出撃!連邦軍MS編」。


▲石川県の伝統工芸品「輪島塗」とコラボした「輪島うるし箸 機動戦士ガンダムシリーズ」。

ごめんよ、まだ僕には買える所があるんだ。こんな嬉しいことはない...!

【店舗情報】

GUNDAM Cafe TOKYO BRAND CORE(ガンダムカフェ トーキョー ブランドコア)
■住所:東京都千代田区神田花岡町1-1
■営業時間:10:00~22:30 ※当面の間、レストランは完全予約制。
■公式サイト:https://g-cafe.jp/
■公式Twitter:https://twitter.com/gundamcafe2010

©創通・サンライズ

※新型コロナウイルスの影響による営業時間等の変更にご注意下さい。

ABOUT US

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者/ライター。「AKIBA観光協議会」公認ライター。ピン芸でお笑いLIVEにも出演。食べ歩いた飲食店は4000軒以上。20年来の大競馬ファン。

NEW POST

注目エントリー

【インタビュー】地域団結!AKIBA観光協議会が探る街の未来【秋葉原】

【秋葉原】ガンダムカフェが大規模リニューアル!4つのエリアの魅力を徹底解説【取材レポート】

【横須賀】カレー文化を牽引する「横須賀海軍カレー本舗」が目指す観光立市

【インタビュー】伝説のメイド喫茶レポサイト運営者「はげ丸」が16年間を振り返る【秋葉原】

【秋葉原】BL本棚に岩下の新生姜コラボ!ネットカフェ「和スタイルカフェ」が歩む独自路線

【横須賀】退役軍人の会(VFW)認定店「Honch Shell」がドブ板通りにオープン!

【インタビュー】休刊する秋葉原No.1のフリマガ「1UP」編集長に、リアルな街の現状と展望を聞いた

【秋葉原】お土産を買うならココ!ラジオ会館1F「ザ・アキバ」が間違いない

【山形村山】創業100年超の老舗菓子店「松月堂布川」がアキバに見る夢と地方発信のかたち

【秋葉原】切り株チャーシューに悶絶!Bar「Honest(オネスト)」は紳士の隠れ家

【秋葉原】ラーメンとハンバーガーが話題のタコス屋「ブレイズ」はどこへ向かうのか

【横須賀】海軍カレーの礎を築いた巨匠!「ウッドアイランド」店主のこだわりと愛

おすすめ通販レビュー

【購入レビュー】昆虫食専門の通販サイト!bugoomでサソリとタランチュラを買って食う【閲覧注意】

【利用レビュー】ネット注文で即宅配!DMMコミックレンタルが超便利【漫画レンタル】

【通販レビュー】写真入りラベルを簡単作成!ワインギフトならシエル・エ・ヴァン【プレゼント】

【購入レビュー】全身洗える大人メンズシャンプー!ZIGEN シャンプー&ボディウォッシュ【通販限定】

【購入レビュー】圧倒的在庫数!イオシスの中古スマホは低価格で安心保証【白ロム通販】

【購入レビュー】敏感肌向け大人メンズコスメ!ZIGEN オールインワンフェイスジェル【通販限定】

【購入レビュー】金運の正体は機能性だ!開運財布屋の小銭入れで無駄遣いを無くす【財布通販】

【購入レビュー】ビスタプリントでフルカラー名刺を簡単発注!【印刷通販サービス】

【購入レビュー】1枚400円台!冷凍ピザ通販のフォンターナが超お手頃【お取り寄せグルメ】

【購入レビュー】世界のお土産通販サイト!JTBショッピングが楽しすぎる【お取り寄せ】

【古着通販レビュー】ベクトルパークで人気ブランドのUSED品を格安購入!【ファッション】

【購入レビュー】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ【お取り寄せグルメ】

About Site

当サイト「シグナル・ロッソ。」は、東京都及び神奈川県内のグルメ情報を中心に、飲食店以外も含めた実店舗、観光スポット、地域イベントなどを取り上げているWebメディアです。

2007年12月31日開設。役者/ライターの秋山シュンによる個人運営。