【秋葉原】大正ロマンな世界に浸れる書斎カフェ「秋葉原和堂」がオープン!

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、様々な業界が深刻なダメージを受けている。世界に誇る日本の“趣都”こと秋葉原も例外ではなく、僅か半年間の間に、飲食店やアミューズメント施設をはじめ、多くの店舗が閉店に追い込まれた。

秋葉原店の1店舗のみで10年以上営業してきた、インターネットカフェ「和style.cafe(ナゴミスタイルカフェ) AKIBA」もまた、コロナ禍の中で、当初は閉業の準備を進めていたという。

【秋葉原】BL本棚に岩下の新生姜コラボ!ネットカフェ「和スタイルカフェ」が歩む独自路線

5月末に緊急事態宣言が解除されても、東京都ではネットカフェは「遊興施設等」に分類され、カラオケボックスやライブハウスなどと共に休業要請が続き、時間を短縮して営業を再開することも叶わず、先行きが全く見えない状態だったからだ。

同店の休業は季節が秋を迎えても明けず、「このまま閉店してしまうのか・・・」と心配していたところに、嬉しいニュースが飛び込んできた。開業15周年となる11月11日(水)、業態と店名を変更して、リニューアルオープンするというのだ。

新たな店名は「秋葉原和堂(なごみどう)」!

前身の「和スタイルカフェ」のDNAを随所に継承しつつ、“大正浪漫と調合”をコンセプトに据えた、鍵付き個室を備えた書斎カフェである。

店内は、大正時代の古書や1900年前後のアンティーク家具を配した、レトロ感あふれる和洋折衷の素敵空間ッ...!


▲ネットカフェ時代と同じく、スタッフは全員が女性で、袴姿の可憐な和装で統一。

「CAFEスペース」と「鍵付き個室」の2フロアに分かれており、入店時にどちらかを選択するシステムだ。

CAFEスペースは全38席で、古書や家具に囲まれながら、“調合”をテーマにしたハイカラな料理を楽しめる。


▲オリジナルブレンドのスパイスを使用したビーフカレー、温野菜添え。


▲「岩下の新生姜」とのコラボ商品、新生姜とあさりの和風スープパスタ。


▲本場・長崎県から取り寄せているカステラと、懐かしの味が郷愁を誘うメロンソーダ。

鍵付き個室は全40部屋で、1名席~4名席までを用意。

Wi-Fi・電源コンセント完備、さらに、フロントでノートパソコンの貸し出しもおこなっているので、テレワークなどにはぴったりの環境だ...!


▲個室利用にはドリンクバーが付く。

もちろん、元・ネットカフェだけあって、コミックスと漫画雑誌も超豊富に取り揃えている。古書と合わせると、なんと計1万冊が読み放題ッ!


▲アキバ女子たちの秘かな名所となっていた、BL(ボーイズラブ)ジャンルに特化した専門本コーナー、通称“BL棚”も健在。同店の“スタッ腐”が死守したそうな。

他にも、設備を一新したというシャワー室や。


▲アメニティの充実など、女性スタッフ目線の気配りがなされている。

最新式プリンターの設置、各種充電器の無料レンタルといった、長時間利用に適したサービスを提供。

荷物の一時預かりもおこなっているため、ココを拠点に手ぶらで秋葉原散策、という選択肢もアリだろう...!

また、フロント脇のエントランススペースに、「岩下の新生姜」の公式ショップが内設されている点も、以前と変わらず大きな特徴。

栃木県栃木市にある「岩下の新生姜ミュージアム」のみで取り扱っているオリジナルグッズを、24時間年中無休で購入可能だ。


▲ちなみに、CAFEメニューのカステラも「秋葉原和堂」のオリジナルパッケージで販売している。

「休業前と同じ状態で営業を再開しても、時代が大きく変わっているため、生き残れないという確信がありました。店舗の存在意義や将来のことを考えて、今回のリニューアルオープンとなりました」とは、代表の長谷晋吾さん。

「休業中は収入も無くなりましたし、こんなにもあっけなく14年間が終わってしまうのかと絶望的な状況に陥りましたが、沢山の方々にご支援とご協力を頂いたおかげで、再オープンが決まったこと、そして、スタッフのほとんどが戻ってきてくれたことには救われました」。


▲キッチンで奮闘する創業メンバーの伏木椿さんと、志田燕さん。

長谷さんは、「秋葉原という地域やお客様に本当に必要とされるお店を目指して、同時に、自店が秋葉原の街の魅力のひとつとなれるように、尽力していきます」と決意を語る。

今後、様々なコラボレーションの実施を予定しているほか、秋葉原でおこなわれる行事やイベントにも積極的に参加していくとのことだ。


▲秋葉原駅・電気街口から徒歩約7分。地下鉄銀座線・末広町駅前に建つビルB1Fに店を構えている。

【店舗情報】

秋葉原和堂
■住所:東京都千代田区外神田6-14-2 サカイ末広ビルB1F
■営業時間:24時間営業(※CAFEメニューの提供時間は11:00~22:00)
■定休日:年中無休
■公式サイト:https://www.akihabara-nagomido.com/
■公式Twitter:https://twitter.com/nagomistylecafe
■公式Facebook:https://www.facebook.com/nagomicafe/
■公式Instagram:https://www.instagram.com/akihabara_nagomido/

※新型コロナウイルスの影響による営業時間等の変更にご注意下さい。

ABOUT US

秋山 シュン
「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者/ライター。「AKIBA観光協議会」公認ライター。ピン芸でお笑いLIVEにも出演。食べ歩いた飲食店は4000軒以上。20年来の大競馬ファン。

NEW POST

おすすめ通販レビュー

【通販レビュー】国内最老舗!王子サーモンの高級スモークサーモンが絶品【お取り寄せグルメ】

【購入レビュー】昆虫食専門の通販サイト!bugoomでサソリとタランチュラを買って食う【閲覧注意】

【利用レビュー】ネット注文で即宅配!DMMコミックレンタルが超便利【漫画レンタル】

【通販レビュー】写真入りラベルを簡単作成!ワインギフトならシエル・エ・ヴァン【プレゼント】

【購入レビュー】全身洗える大人メンズシャンプー!ZIGEN シャンプー&ボディウォッシュ【通販限定】

【購入レビュー】圧倒的在庫数!イオシスの中古スマホは低価格で安心保証【白ロム通販】

【購入レビュー】敏感肌向け大人メンズコスメ!ZIGEN オールインワンフェイスジェル【通販限定】

【購入レビュー】金運の正体は機能性だ!開運財布屋の小銭入れで無駄遣いを無くす【財布通販】

【購入レビュー】ビスタプリントでフルカラー名刺を簡単発注!【印刷通販サービス】

【購入レビュー】世界のお土産通販サイト!JTBショッピングが楽しすぎる【お取り寄せ】

【古着通販レビュー】ベクトルパークで人気ブランドのUSED品を格安購入!【ファッション】

【購入レビュー】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ【お取り寄せグルメ】

About Site

当サイト「シグナル・ロッソ。」は、東京都及び神奈川県内のグルメ情報を中心に、飲食店以外も含めた実店舗、観光スポット、地域イベントなどを取り上げているWebメディアです。

2007年12月31日開設。役者/ライターの秋山シュンによる個人運営。