11/25(木)にお笑いライブに出演します。詳細はこちら!

【東京競馬場グルメ】おすすめ集(メモリアルスタンド編)【現地取材】

競馬の祭典「日本ダービー」の舞台として知られる「東京競馬場」は、日本最大の公営ギャンブル場。収容人数22万人超、スポーツ施設としても世界第2位の規模を誇る広大な場内には、ファンのお腹を手早く満たすB級グルメ店が満載だ。

小学生の頃から20年来の大競馬ファンである筆者が足で開拓して厳選した、東京競馬場の飲食店レポート記事のまとめページ(メモリアルスタンド編)!

現在出店している店舗

【6F】ホテルオークラレストラン「勝つ盛り合わせセット」

メモリアルスタンド6FのS指定席入口前に出店している、「ホテルオークラレストラン 東京競馬場内」は、その名の通り、“老舗ホテル御三家”の一角と称される、「ホテルオークラ」グループ運営の競馬場内レストラン。

外光を取り入れた店内は、天井が高く開放的。カーペット張りの床や真紅のテーブルクロスなど、高級感が漂う優雅で落ち着いた空間だ。

また、窓際のテーブル席からは、出走馬が待機する装鞍所が見下ろせ、競走馬達の引き運動を眺められる。

そして、メニューを開くと・・・

なんと、デザインが出馬表なのだーッ!!

競馬場内レストランならではのオシャレな遊び心に、食事をする前からテンションが上がるッ...!


▲勝つ盛り合わせセット¥1850-

チョイスしたのは、3枠5番メニューの「勝つ盛り合わせセット」!

じゃじゃーんッ!! 海老フライ×3本と、ヒレカツ×2枚の、“勝つ”盛り合わせッ...!

御飯、味噌汁、小鉢、香の物付き!

中目の生パン粉が使用された衣は、美しい黄金色の揚げ上がりで、サクサクッ!と心地良い音を立てる、実に軽快な食感ッ!

海老の身は半レア状態でプリップリ、かつ、甘味がとろける!

ヒレカツもしっとりとやわらかく、ジューシーな仕上がりだッ! 美味ーいッ!!

さらに、粗めにつぶした茹で玉子と野菜の粒感が残っているタルタルソースも、濃厚な味わいで美味いッ!

うほーいッ!! 勝ちまくっタルぜーッ!!

今日はきっと、素敵な観戦日になる...!

【4F】ケンタッキーフライドチキン「ケンタ丼」

メモリアルスタンド4Fの東端に出店している、「ケンタッキーフライドチキン JRA府中競馬場店」は、言わずと知れた、日本全国に1000店舗以上を展開する、世界的ファストフードチェーン「KFC(ケンタッキーフライドチキン)」の競馬場内支店。

ケンタッキーといえば、筆者は、サイドメニューの「カーネルクリスピー」が大好きである。

これこれ、これなッ! カリカリサクサクの衣に包まれた、国産鶏胸肉の骨無しフライドチキン!

これを野菜と一緒にトルティーヤでくるんだ、「ツイスター」も美味いんだよな...!


▲ケンタ丼¥800-

ファーーーーーーー!?!?!?!?!?

丼・・・だと・・・!?!?!?!?!?

そう、カーネルクリスピーをオンザライスしちゃった一品「ケンタ丼」が、東京競馬場店では販売されているのだッ!!

通常販売されている店舗数が全国で10店舗にも満たない、超絶レアな店舗限定メニューであるッ...!!

主役のカーネルクリスピー×2ピースとともに・・・

しいたけ、ししとう、さつま芋の3種類の野菜フライを白米にのせて、辛めでキレのある醤油ベースの甘辛ダレを回しかけた、いわば“KFC流天丼”だッ...!!

日本のケンタッキーならではのアプローチで、新感覚のドB級な味わいが楽しいッ!! お箸でバクバク喰らうぜーッ!!

ボリュームもがっつり満点であるッ!! わっはっは!!

これが東京競馬場の隠れた名物、ケンタ丼!!

【3F】ニュー・トーキョー「みそカツ重」

メモリアルスタンド3Fの東端に出店している、「ニュー・トーキョー 東京競馬場店」は、昭和12年に銀座・数寄屋橋にビヤホールとして創業した「ニユートーキヨー」グループ運営の、競馬場内ビアレストラン。

提供メニューは、生ビールをはじめとしたアルコール各種はもちろん、フードも和洋中のセットから、つまみ系の一品料理まで、バラエティ感のある多彩なラインナップだ...!

大ジョッキサワーもはじめました、とのこと。

外光を大きく取り入れた店内は全テーブル席で、カジュアルで広々とした、開放的な空間。入口前の会計カウンターで、先に食券を購入するシステムとなっている。

卓上には、自社ブランドのオリジナル中濃デラックスソースと、ヤマサ超特選しょうゆがスタンバイ。

▲ウーロンハイ(大ジョッキ)¥550-

まずは、件の大ジョッキを! でかーいッ!!

ぷはーッ!!


▲みそカツ重¥980-

チョイスしたのは、ゲンを担いで「みそカツ重」! 味噌汁と漬物付き!

どじゃーん!!

みそカツは、中目のパン粉を使用した、きつね色にザックリと揚げ上がったロースカツに・・・

濃厚な甘辛タレがどばーッと!!

名古屋風の甘めのみそカツだれとは異なり、酸味のキレを感じさせるタレで、中濃ソースに近い印象の味わいだ...!

千切りキャベツと水菜をしいた白米とまとめて、豪快にバクバク喰らうッ! 大ジョッキをグビグビとやりながらッ!

ボリューム満点!! カツを食って勝つ!!

なんてったって・・・

ここは幸運の店、らしいぞッ!?

【B1F】吉野家「大盛牛丼」

メモリアルスタンドB1Fの「ファストフードプラザ」に出店している・・・

「吉野家 東京競馬場店」は、言わずと知れた全国的な牛丼チェーン店であるが、競馬場内の出店舗には面白い歴史がある。

2004~2006年にBSE問題の発生で米国産牛肉が輸入停止となり、「吉野家」でも全国的に牛丼の販売が休止された際、全国7ヶ所の競馬場内の店舗では、創業店「築地一号店」と共に、国産牛を用いて牛丼の販売が継続されたのだ。特に同店「東京競馬場店」には、競馬ファン以外に“吉野家ファン”までもが訪れて、大行列ができるほどの話題となった。

そんな伝説を持つ“競馬場の吉野家の牛丼”は、ファンとって少し誇らしい存在というか、ちょっぴり特別なグルメなのである...!

提供メニューは「牛丼大盛」1種類と、お新香と半熟玉子のみ。

カウンター上に置かれた紅ショウガを添えて、七味をパパッと振りかけて、と。


▲大盛牛丼¥550-

じゃーんッ!! 見慣れたいつもの光景ッ!!

うん。

うん!

うんッ!!

安定の吉牛味ッ!! やわらかな薄切り牛バラ肉と、つゆの味がじんわりと染みた玉葱を、白米とバクバクかっ込むぜーッ!!

うまい・やすい・はやい! やはり、吉牛は“ギャンブルめし”にピッタリなのだーッ!!

あれから10年以上経ったけれど、伝説は色褪せないッ...!

【B1F】キャロットおざわ「のりコロッケ&とりの唐揚げ弁当」

メモリアルスタンドB1Fの「ファストフードプラザ」に出店している・・・

「キャロットおざわ」は、軽食売店。

焼きそば、たこ焼き、フランクフルト、フライドポテトといったホットスナックや、おにぎりなどの軽食のほか、2012年1月より、うどん&そばも販売している...!

そして同店の名物は、毎日店舗で手作りされているという、お弁当各種だ!

日替わり1種類を含めた全5種類のラインナップで、いずれも味噌汁が付いて、ワンコインの500円!

じゃーんッ!!


▲のりコロッケ&とりの唐揚げ弁当¥500-

チョイスしたのは、人気メニュー「のりコロッケ&とりの唐揚げ弁当」!

オープンーッ!!

のりべーんッ!!

梅干をのせた海苔ご飯と、白花豆の甘煮、大根の桜漬け。

鶏もも唐揚げ×2個、挽肉入りポテトコロッケ、千切りキャベツ。

春雨の和え物、缶詰のみかん。

王道のおかずたちが揃ったバラエティ感が嬉しく、かつボリュームも満点ッ...!

特にこの唐揚げなんて、でっかくてジューシーで、すんげー美味いのだよッ!!

ガブリーッ!!

のりべーんッ!!

ちなみに味噌汁は購入時に、大鍋からプラカップに1杯1杯よそってくれる。

ワンコインのお弁当でこの内容とは、実にお得感が高いッ...!!

“ノリ”弁だけに、横山典弘騎手を応援する際の勝負メシにもピッタリだッ!?

・・・なんて考えていたら、本当にこの日おこなわれた「第22回 NHKマイルカップ」で、横典ジョッキー騎乗のアエロリットが優勝した!

やはり競馬場グルメでのゲン担ぎは、現地観戦時にはハズせないイベントだなッ!!

【B1F】ハロンボウ「ポークカツカレー」

メモリアルスタンドB1Fの「ファストフードプラザ」に出店している・・・

「ハロンボウ」は、カレーライス専門店。

1993年にメモリアルスタンドが竣工する以前より、東京競馬場内で30年以上も営業を続ける老舗店だ。同プラザ内に、ドリンク売店と合わせて2店舗を持っている...!

カレーの提供メニューは、ビーフカレーorビーフ辛口カレーorポークカレーの3種類をベースに、それぞれカツカレー、チキンカツカレー、コロッケカレーというトッピングのバリエーションを展開!


▲ポークカツカレー¥800-

じゃーんッ!! チョイスしたのは、定番の「ポークカツカレー」!

直径約25cmの楕円形の皿で、福神漬けが添えられて登場ッ...!

うん、うん!

中目のパン粉で、きつね色にさっくりと揚げられたロースカツは・・・

しっかりとした厚みがあって、食べ応えアリッ!

豚肉片と、ざく切りのニンジン&玉葱がたっぷりと入ったポークカレーは・・・

とろっとしたまろやかな口当たりで、溶け込んだ野菜の甘味がふくよかだ。やや甘口の仕上がりながら、後からスパイスも程良くピリピリと効いてくる。

昭和を感じる、昔ながらのほっとする美味さに心が和む...!

もちろん、福神漬けとは相性ばっちりだ! カツを食って勝つッ! 華麗に勝つッ!

ちなみに、2012年1月より、ラーメンも販売している。

また、手作りの赤飯おにぎりや、いなり寿司などが並んでいることも...!

ハロンボウ(棒)でゲン担ぎをすれば、きっと応援馬が最速タイムで駆け抜けてくるはずッ!

【B1F】ドリンクよし野「おでん」

メモリアルスタンドB1Fの「ファストフードプラザ」に出店している・・・

サントリードリンクコーナー「よし野」は、ドリンク&軽食売店。

カウンター上に置かれた角型おでん鍋からよそってくれる、「おでん」が冬場の名物のお店だッ...!

全16種類のおでん種から5種類を選んで、1皿420円であるッ...!


▲おでん¥420-、日本酒(冷)¥350-

じゃーんッ!! 熱々のおでんをつつきながら、日本酒をくいっとな!!

おでんは、鰹出汁のあっさりとしたつゆで煮られた、上品な味わいッ!

チョイスしたおでん種は・・・

厚切りでジューシーな、大根!

ふるんふるんの厚揚げと、ぷるんぷるんのこんにゃく!

ふるんふるん!

ぷるんぷるん!

もちもちのお餅入りの、きんちゃく!

そして、定番のたまご! 美味いぜーッ!! ハフハフ!!

ちなみに日本酒は、白鶴まるカップの競馬場限定ラベル「競馬カップ」が供される!

駆け抜けるウマさだッ!! ぷはーッ!!

【閉店した店舗】

【2F】ターフィーカフェ メモリアル60店「ドーナツお買得袋」

メモリアルスタンド2Fの東端に出店している、「TURFY CAFE(ターフィーカフェ) メモリアル60店」は、ドリンク&軽食売店。

グッズショップ「ターフィーショップ」及び「ターフィー通販クラブ」の運営、ターフビジョンの放映、機関誌「優駿」の制作などを手掛ける「株式会社 中央競馬ピーアール・センター」が運営しており、フジビュースタンド2Fにも、また中山競馬場にも店舗がある...!

同じ「ターフィーカフェ」でも各店舗により取り扱うフードメニューが異なっており、同店ではドーナツと菓子パンが主力商品だ。

じゃーんッ!! チョイスしたのは、「ドーナツお買得袋(4ヶ入)」とホットコーヒー!


▲ドーナツお買得袋(4ヶ入)¥320-

ドーナツと菓子パンは、全6種類の中から2個を選んで170円のところ、4個購入すると20円お得になるッ!

オールドファッション風の定番「プレーン」!

たっぷりの粉糖が嬉しい「シュガーリング」!

こしあんがずっしりと入った「あんドーナツ」!

リンゴの甘酸っぱさが楽しい「アップルパイ」!

全体的にやや小ぶりなサイズなので、朝食代わりや、ちょっとしたおやつに丁度良いボリューム!

また、“穴”のあいたドーナツだけに、万馬券のゲン担ぎにもピッタリだッ!?


▲ホットコーヒー¥300-

そしてドーナツと一緒に頂くのは、やっぱりコーヒーでしょー!

ふぃー!

ちなみに紙コップは、JRAの公式マスコットキャラクター「ターフィー」君がデザインされたオリジナル!

このターフィー君と一緒に、笑顔でバンザイできる観戦日になるといいなッ...!

【フジビュースタンド編】

東京競馬場グルメレポート おすすめ集(フジビュースタンド編)

【馬場内・その他編】

東京競馬場グルメレポート おすすめ集(馬場内・ほか編)

【中山競馬場グルメ特集 まとめ記事】

中山競馬場グルメレポート おすすめ集(メインスタンド編)

中山競馬場グルメレポート おすすめ集(馬場内・ほか編)

【施設情報】

東京競馬場
■所在地:東京都府中市日吉町1-1
■営業時間:9:00~17:00(開催日)
■JRA(日本中央競馬会) 公式サイト:https://www.jra.go.jp/
■JRA(日本中央競馬会) 公式Facebook:https://www.facebook.com/jra
■JRA(日本中央競馬会) 公式Instagram:https://www.instagram.com/jra.official/