【購入レビュー】1本で手軽に男性用ナチュラルメイク!ザス 水ファンデーション【メンズコスメ】

筆者は肌質が非常に弱い。疲れが顔の皮膚に反映されやすく、肌の赤みや大人ニキビは日常茶飯事だ。男といえど“お肌が絶不調”の日に、人前に出なければならない時や、初対面の方と会う時などは、自分の肌荒れのせいで相手に不快な印象を与えてしまうのではないかと、不安に思うことも多いのである。

とはいっても、ヴィジュアル系バンドばりのメイクをするわけにはいかないし、歌舞伎町のホストレベルのメイクでも全然ハードルが高い。

いや「メイク」ってほど本格的じゃなくていいから、日常生活の中で違和感なく使えて、いつもより肌色を良く見せられるくらいの、手軽なメンズコスメがあればいいのだが・・・。

そんな悩みをズバリ解決してくれたのが、「ZAS(ザス) コスメティック」の「水ファンデーション ビズファインカラー」だ。

「ザスコスメティック」は1999年3月にスタートしたメンズコスメ専門ブランドで、メンズコスメ市場の勃興期から20年以上、男性用化粧品を提供し続けてきた業界の老舗。

「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」といった大手通販サイトでは、メンズコスメカテゴリーの売れ行きランキング上位に常に名を連ねており、都内の「東急ハンズ」でも商品が取り扱われている。

その代表的な商品が、オトコの美肌を自然に演出してくれる「水ファンデーション ビズファインカラー」だ。

男性の肌色に合わせた、「オークル(色白~普通色)」「ニューアンバー(普通色~やや色黒)」「ブロンズ(やや色黒~色黒)」という3種類のラインナップで展開...!

「ファンデーション」といっても、一般的な女性向けファンデーションのように、スポンジやパフでポンポンするパウダータイプではなく、化粧水と同じ感覚でササッと使えるウォータータイプなのが特徴。

面倒な道具はいらん。手でつけて塗ればヨシ!

もちろん、安心安全なMade in JAPAN!

そして、パッケージもスタイリッシュでカッコ良い!

直径約10cmの手のひらサイズで、自立してくれるので、洗面所に置いても邪魔にならず、持ち運びもしやすいのが何気に嬉しいポイント。

じゃーんッ!!

“水”ファンデーションの名の通り、軽くてサラサラ!

1円玉大を手に取って、指先で顔の各ポイントにちょんちょんとつけたら、顔全体に伸ばしていけばok!

・・・それだけでokである!! 超楽チン!!

無香料でクセのあるニオイもなく、スッと馴染むのでイヤなベタつきもなく、BBクリームのようなつけ心地の重さも感じない。それでいて実にナチュラルな仕上がり!

SPF18相当のUVカット効果もあり、紫外線を防ぐことで皮脂の分泌がコントロールされるため、顔のテカリまで抑えてくれる...!

さらに、メイクオフの際にも特別なクレンジングは不要。普通の洗顔をするだけで落とせちゃうのだ!

これは女性の肌に比べて皮脂分泌量が数倍も多いといわれる男性の肌に合わせて、メイク崩れしにくいように、オイル成分を一切配合していないからだそう。

また、シミやニキビ痕などを重点的に隠したい場合は、メンズコンシーラー「チップオンコンシーラー」を併用するとGood!

「水ファンデーション」の使用後に、カバーしたい部分に軽くタッチしてぼかせばok。ペンシルタイプで使いやすく、こちらも無香料でノンオイリー!

ちなみにセットで購入すれば、単品購入時より324円お得になるッ...!

前述したように「ザスコスメティック」の商品は複数のECサイトで販売されているが、公式サイトから購入すると、毎回購入ごとに500円分のクーポンがもらえたり。

ミニサンプルがついてきたりと、特典が盛りだくさん!

新規会員登録時には、すぐに使える500ポイント(500円分)がプレゼントされるので、とりあえず初回は、公式サイトの利用を断然オススメしたいッ...!

他にも、洗顔フォームに毛穴パックといったスキンケア用品や。

皮脂吸収クリームにヒゲの発毛コントロールジェルといったトラブルケア用品など、男性向けに特化したアイテムのみが揃っている。

平日15時までの注文ならば、当日出荷というスピーディさも心強い。

ただでさえジェンダーのあり方が見直されている昨今、「男がメイクなんて恥ずかしい」という意識は時代遅れだ。

特に営業職や接客業など、不特定多数の他人と接する機会が多い職に就いている男性ほど、見た目の第一印象には気を使わねばならないはず。整髪料をつける男性が珍しくもなんともないように、メンズメイクも単に「身だしなみをキチンとする」の延長と考えればよい。

少なくとも我々が赤子の時代から、TVに出ている男性タレントや俳優たちは誰もがメイクをしているわけで。

・・・とはいっても、と躊躇してしまうから!

そこで「ザスコスメティック」なのである。

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者/ライター。「AKIBA観光協議会」公認ライター。ピン芸でお笑いLIVEにも出演。食べ歩いた飲食店は4000軒以上。20年来の大競馬ファン。

NEW POST新着エントリー