【AnimeJapan(アニメジャパン)】出展ブースレポート 総まとめ記事

“アニメのすべてが、ここにある”をテーマに、2014年に誕生した日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan(アニメジャパン)」。日本を代表するアニメ関連企業・団体が多数出展する同イベントの中核をなす企画である、一般ユーザー向け開催「メインエリア(パブリックデイ)」に出展したブースをレポートした記事のまとめページ!

【AnimeJapan 2019】

開催6回目となる2019年は、3月23日(土)~26日(火)の4日間、“東京ビッグサイト”こと「東京国際展示場」にて開催され、総来場者数約14万6500人を記録。「メインエリア」は、23日(土)・24日(日)に東展示棟1~8ホールで展開された。

「KADOKAWA(異世界)」ブースレポート【東7ホール(M-41)】

同社が制作に携わる、“異世界”ファンタジー系アニメの4作品を特集。各作品ごとに春夏秋冬をテーマにしたジオラマの展示と共に、最新情報や劇場版のティザーPVなどが公開された。

「進撃の巨人」ブースレポート【東2ホール(A-08)】

TVアニメ『進撃の巨人 Season3』の名場面を再現した、“巨人の世界”を体感できるジオラマを展開。調査兵団のコスプレイヤーが来場者を出迎えた。

「東映アニメーション」ブースレポート【東7ホール(M-06)】

同社が制作を手掛けるTVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』や劇場版『ドラゴンボール超 ブロリー』といった作品の、最新情報の公開と各種展示を展開。コスプレイヤーや等身大立像が来場者を出迎えた。

「ニジゲンノモリ」ブースレポート【東6ホール(J-67)】

兵庫県淡路島の県立公園内にある、アニメ×テクノロジー×自然をテーマとしたテーマパーク「ニジゲンノモリ」のアトラクションに関する特別展示を実施。TVアニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のコスプレイヤーが来場者を出迎えた。

「マギアレコード」ブースレポート【東6ホール(J-71)】

TVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』を原作としたスマートフォンアプリゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」の、最新情報の公開や各種展示が展開された。

【AnimeJapan 2018】

開催5回目となる2018年は、3月22日(木)~25日(日)の4日間、“東京ビッグサイト”こと「東京国際展示場」にて開催され、総来場者数約15万2000人を記録。「メインエリア」は、24日(土)・25日(日)に東展示棟1~8ホールで展開された。

「株式会社アミューズ」ブースレポート【東5ホール(J-55)】

アミューズメント施設用プライズとしても人気が高い、同社オリジナルキャラクター「アミュキャラ」の商品が、会場特別価格で販売された。

「グッドスマイルカンパニー」ブースレポート【東2ホール(A-35)】

「ねんどろいど」シリーズをはじめとしたキャラクターフィギュアや各種グッズの販売のほか、企画制作中の1/1スケールの商品を含め、発売前・予約開始前の最新フィギュアが大量展示された。

「ニトロプラス」ブースレポート【東3ホール(A-39)】

映像企画『Thunderbolt Fantasy Project(サンダーボルトファンタジープロジェクト)』とブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』の2作品を特集。撮影で実際に使用された布袋劇人形や、宝刀「蛍丸」を復元した真剣などが展示された。

「舞台めぐり」ブースレポート【東2ホール(A-33)】

映画『ガールズ&パンツァー 最終章』の限定グッズを特別販売。また、スマートフォンとVRゴーグルを使って、同作の舞台である茨城県東茨城郡大洗町を旅する気分を味わえる、「バーチャル舞台探訪」のデモ体験コーナーも展開された。

【AnimeJapan 2017】

開催4回目となる2017年は、3月23日(木)~26日(日)の4日間、“東京ビッグサイト”こと「東京国際展示場」にて開催され、総来場者数約14万5000人を記録。「メインエリア」は、25日(土)・26日(日)に東展示棟1~7ホールで展開された。

「カーテン魂」ブースレポート【東5ホール(J-29)】

アニメキャラクターのカーテン、ベッドシーツ、抱き枕といった“痛インテリアグッズ”を、イベント価格で販売&展示。また、TVアニメ『ご注文はうさぎですか??』と『Re:ゼロから始める異世界生活』のグッズを用いた、“痛部屋”の展示コーナーも展開された。

「コスパ」ブースレポート【東4ホール(J-5)】

同イベントが初販売となる新作商品や先行販売品、イベント限定品を多数含む、人気アニメタイトルのキャラクターアパレル&グッズが約1000種類、イベント価格で販売された。

「ゴジラ・ストアAnimeJapan出張所」レポート

東宝公式ゴジラグッズ専門通販サイト「GODZILLA STORE(ゴジラ・ストア)」が、Webを飛び出した“出張所”として出展。映画『シン・ゴジラ』のグッズをはじめ、同サイトの限定商品が販売&展示された。

「白糸酒造株式会社」ブースレポート【東2ホール(A-52)】

創業240年超の蔵元である同社と人気アニメがコラボレーションした、日本酒やワイン、京都府の伝統菓子、工芸品などが販売された。

「谷川商事」ブースレポート【東3ホール(A-66)】

印鑑×アニメ×伝統工芸がコラボレーションをした、アニメキャラクターのスタンプ・印鑑・印鑑ケースといった印章用品が、イベント価格で販売された。

「テレビ東京」ブースレポート【東6ホール(J-74)】

新番組や劇場版の情報展示と共に、アニメファン専用サービス「あにてれ」のコーナーを展開。TVアニメ『けものフレンズ』のコスプレイヤーが来場者を出迎えた。

「株式会社ルービーズ・ジャパン」ブースレポート【東4ホール(J-21)】

TVアニメ『ドラゴンボールZ』および『ドラゴンボール超』のキャラクターを本格マスク化した、「ハイクオリティ マスク」シリーズを販売。マスクと共に衣装を着用した立像も展示された。

「株式会社ルミカ」ブースレポート【東6ホール(J-71)】

同社の看板商品であるペンライトの新商品や人気商品、会場限定品を中心に販売。その場で使えるクーポンと交換できる、不要になったコンサート用LEDペンライトの回収サービスなども実施された。

【AnimeJapan 2016】

R0030659-1

開催3回目となる2016年は、3月25日(金)~27日(日)の3日間、“東京ビッグサイト”こと「東京国際展示場」にて開催され、総来場者数約13万5000人を記録。「メインエリア」は、26日(土)・27日(日)に東展示棟1~6ホールで展開された。

「あにしゅが キャラクターケーキ専門店」ブースレポート【東5ホール(J-49)】

R0033017-1

アニメキャラクターが描かれた、同イベント限定の生ロールケーキを販売。また、B2タペストリーやスノードームといったグッズなども展示&販売された。

「カーテン魂」ブースレポート【東5ホール(J-8)】

R0032892-1

アニメキャラクターのカーテン、ベッドシーツ、抱き枕といった“痛インテリアグッズ”を、イベント価格で販売&展示。また、TVアニメ『ご注文はうさぎですか??』のグッズを用いた、“痛部屋”の展示コーナーも展開された。

「壽屋(コトブキヤ)」ブースレポート【東5ホール(J-51)】

R0032635-1

注目タイトルの最新フィギュア原型やプラモデル、グッズなどを展示。また、先行販売の新商品を含むコトブキヤショップ限定品が、会場特別価格で販売された。

「株式会社バンプレスト」ブースレポート【東3ホール(A-64)】

R0034135-1

同社が展開するアミューズメント専用景品「CRANEKING(クレーンキング)」や、“ハズレなし”のキャラクターくじ「一番くじ」の最新商品が大量展示された。

「ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社」ブースレポート【東5ホール(J-44)】

R0032034-1

TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』や『テラフォーマーズ リベンジ』のキャラクターの等身大立像や等身大キャラパネルなど、新作アニメの展示が展開された。

「フードパーク」全メニューレポート

R0030758-1

会場内に、開催初となる「フードパーク」が登場。計6作品のアニメとコラボした、同イベント限定のオリジナルメニューが販売された。

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者/ライター。「AKIBA観光協議会」公認ライター。ピン芸でお笑いLIVEにも出演。食べ歩いた飲食店は4000軒以上。20年来の大競馬ファン。

NEW POST新着エントリー