【よこすかカレーフェスティバル 2019】全国ご当地カレーグランプリ レポート

先日5月18日(土)と19日(日)の2日間、大日本帝国海軍戦艦「三笠」が記念艦として永久保存されている、横須賀を代表する都市公園「三笠公園」にて、「よこすかカレーフェスティバル 2019」が開催された。

「よこすかカレーフェスティバル」は横須賀市が“カレーの街”を標榜した1999年に誕生した、日本最大級のカレーイベント。

開催21回目となる今年は、総来場者数が過去最多の約65000人(※前年比123%。18日:約29000人、19日:約36000人)を記録し、大盛況のうちに閉幕。

会場内は「横須賀市関連エリア」、「全国カレーエリア」、「カレーの街よこすかエリア」、「カレーバイキングエリア」、「首都圏三大カレーの聖地対決エリア」の5エリアに分かれており、計128のブースが出展。フード提供と販売を中心に多彩なイベントがおこなわれた。

記念艦三笠の正面、「全国カレーエリア」には。

北海道から鹿児島まで全国各地から、自慢のカレーが集結!

北海道富良野市より、「富良野オムカレー推進協議会(B-02)」の「富良野オムカレー」。

北海道苫小牧市より、「とまこまいカレーラーメン振興局(B-07)」の「元祖とまこまいチーズカレーラーメン」。

山形県東置賜郡高畠町より、「有限会社 後藤屋(B-04)」の「サクランボカレー」。

宮城県岩沼市より、「株式会社 利久(B-03)」の「牛たんカレー」。

福島県会津若松市より、「会津若松市(B-01)」の「会津地鶏カレー」。

茨城県かすみがうら市より、「かすみキッチン(B-22)」の「常陸牛の牛すじカレー」。

茨城県土浦市より、「ひつじの小屋(B-21)」の「土浦ぢんぎすスープカレー」。

埼玉県深谷市より、「深谷商工会議所(B-35)」の「ふかやカレーやきそば」。

東京都足立区より、「東京スープカレーCahaya(B-29)」の「スープカレーとりかわちゃん」。

東京都千代田区より、「ラホール(B-38)」の「インド風ブラックビーフカレー」。

東京都新宿区より、「新宿もうやんカレー(B-44)」の「東京肉肉野菜玉子カレー」。

神奈川県横浜市より、「株式会社 横浜DeNAベイスターズ(B-30)」の「青星寮カレー」。

神奈川県三浦市より、「くろば亭・三崎朝市協同組合(B-37)」の「タンドリー風まぐろスティック」。

長野県大町市より、「黒部ダムカレー推進協議会(B-16)」の「黒部ダムカレー」。

岐阜県各務原市より、「キムチ日本一の都市研究会(B-15)」の「各務原キムチカレー」。

岡山県備前市より、「華麗備前会 衆楽館(B-48)」の「岡山マスカットワイン蒸し備前牡蠣と備前黒牛のコラボカレー」。

鳥取県鳥取市より、「鳥取鯖食推進研究会(B-51)」の「純サバカレー」。

大分県大分市より、「地産地消network アグリエ大分(B-46)」の「大分からあげ大葉カレー」。

宮崎県都城市より、「みやざきチキン南蛮カレー協議会(B-52)」の「みやざきチキン南蛮カレー」。

鹿児島県鹿児島市より、「薩摩藩古民家 カレーテリア沙羅(B-47)」の「鹿児島黒豚黒カレー」。

・・・などなど、計50店(※うち1店出店取消)が出店した。

青森県三沢市より、「一般社団法人 三沢市観光協会(B-09)」は「三沢パイカカレー」!


▲三沢パイカカレー¥600-

じゃじゃーんッ!!

「パイカ」とは豚バラ肉の周辺についている軟骨のことで、豚1頭から僅か500グラムほどしか取れない希少部位だ。

そのパイカをたんまりと使ったカレーは、とにかくお肉がゴロンゴロン!!

豚ちゃんの形にくり抜かれた、チーズのトッピングも可愛らしい...!

軟骨のコリコリ感と、豚バラ肉のとろっと感を両方楽しめるパイカは食べ応え抜群で、カレーにも“骨まわりの肉”らしい濃厚な旨味が溶け込みまくっており、実にパワフルな美味さッ!!

TASTE GOOD!!

「三沢市観光協会」係長の三上ひかりさんによると、「三沢市は東北有数の豚肉生産量を誇る街で、軟骨まわりに上質なお肉がたくさん残っているにもかかわらず、以前は捨てられてしまうことの多かったパイカを有効活用できないかと、パイカを使ったご当地グルメの開発に近年力を入れています」。

「パイカカレーは三沢基地(※米空軍と航空自衛隊の共同作戦基地)のアメリカ人の方々から、味や食感についてのアドバイスをいただきながら、日米どちらの味覚にも合うように仕上げました」とのこと。

「お互いに基地のある街として、パイカカレーをきっかけに、横須賀の皆様とご縁ができれば嬉しいです。航空専門の博物館などもございますので、ぜひ三沢市にもおいで下さい」と続けた。

THIS IS MISAWA!!

山形県飽海郡遊佐町より、「山形県遊佐町(B-10)」は「ゆざまちWミートカレー」!


▲ゆざまちWミートカレー¥700-

じゃじゃーんッ!!

庄内地方で生産される銘柄豚「庄内豚」の挽き肉と、たっぷりの地元野菜を使用した、甘味と旨味が豊かなキーマカレーに。

なんと、A5ランクの「山形牛」の霜降りスライスの焼肉をのせた、贅沢すぎる“Wミート”な一品である...!!

こんなの美味いに決まってるだろーーーーーッッ!!!

さらに、遊佐町特産のパプリカ(※生産者数日本一)、鶴岡市特産のだだちゃ豆までトッピングされており、これでもかと山形づくし!!

正直、これが700円でいいの!?ってレベル。

「秋田県との県境にある鳥海山の良質な伏流水で育った野菜をはじめ、県産の食材にこだわり抜いた自信作です」と笑顔を見せるのは、「遊佐カレー 遊佐駅本店」を運営する佐藤幸夫さん。

「横須賀はご当地カレーの聖地ですので、よこすかカレーフェスティバルを機に、たくさんの方々に遊佐カレーを知ってもらうべく、2013年から毎年出店しています。個人的にもミリオタでして、記念艦三笠の目の前で販売できることに興奮を覚えています」とも。

「鳥海山と日本海に囲まれた山形最北部にある遊佐町は、車で半径1時間のエリア内で、スキーもマリンスポーツも楽しめてしまう観光的魅力の高い街。どうぞ遊佐町に、そして山形県に遊びに来てください」と地元をアピールした。

山形県は何を食べてもおいしいよ!!

茨城県北茨城市より、「磯原シーサイドホテル(B-27)」は「あんこう唐揚付!自家熟成のあん肝カレー」!


▲あんこう唐揚付!自家熟成のあん肝カレー¥600-

じゃじゃーんッ!!

鶏肉と魚介をベースに、20種類以上のスパイスを加えて熟成させたという特製カレーに。

県内随一の水揚げ地として知られる北茨城の名物、あんこうの身(柳肉)の唐揚げと。

同じくあんこうの肝をオリーブオイルでのばしたペースト、県産のレンコンなどが添えられた創作系カレーだ...!!

スパイシーなカレーにあん肝ペーストを混ぜ込むと、独特のコクとまろやかさが加わって、なんとも奥深い味わいに変化するッ!!

いいぞ。

今回が初出店だった「磯原シーサイドホテル」は、社長みずからが呼び込みをおこなう気合の入りよう。「昨年下見に来場してイベントの熱気を肌で感じ、2019年の出店を決意しました」と、支配人の福田千春さん。

「ホテル内のレストランで好評をいただいているカレーに、北茨城を代表する味覚をプラスした意欲作です」と味にも自信をのぞかせる。

同ホテルの魅力を伺うと、「シーサイドホテルの名の通り、全ての客室から海を見ることができて、波音をBGMにくつろげます。天然自家源泉から湧出する温泉も自慢で、屋上の露天風呂からは太平洋を一望。早朝は日の出の、夜は星空の美しさが最高です。冬場はあんこうのどぶ汁(※漁師鍋)などもご準備していますので、都会の喧騒から離れてふうっと心を休ませたい時に、ぜひご利用ください」と語ってくれた。

みんなで食べてみっぺ! 行ってみっぺ!

埼玉県北本市より、「北本トマトカレーの会(B-33)」は「北本トマトカレー」!


▲北本トマトカレー¥500-

じゃじゃーんッ!!

30人前に対して約2.5kgものトマトを使用するという栄養満点のカレーに、ドライトマト粉末を絡めて赤く色付けたライスを合わせて。

加熱処理に向いた品種のミニ~中玉サイズのトマトに、豚バラ肉を巻いて揚げた、肉巻きトマトカツをトッピングした一品である...!!

北本市名産のトマトによる爽やかな酸味と旨味が活きた、太陽の恵みを感じるジューシーな美味さッ!!

トマトカツもガブリとやれば、なんだか元気が湧いてくるッ!!

この北本トマトカレーの生みの親が、市内で親子2代に渡り50年以上トマト農家を営み、「北本トマトカレーの会」副会長を務める加藤浩さんだ。

「2011年に県内でB級グルメコンテストが開催された際に、小さい頃から母が作ってくれていたトマトカレーを色々な人に食べてほしいという想いで、私が改良を加えてレシピを考案したのが始まりです」と振り返る。

「カレーの街として全国的に有名な横須賀は、必然的にカレー好きが大勢訪れる街でもあり、そういったマニアな方達にも美味しいと言ってもらえる味を目指して、2012年から出店を続けてきました。北本市は埼玉県の中ではマイナーな地域なので、カレーを通じて北本市のことにも興味をもってもらえたら嬉しいです」とコメント。

ちなみにイメージキャラクターのとまちゃんは、語尾が必ず「トマ」らしい...!

また、例年はエントリー制だった「全国ご当地カレーグランプリ」に、今年は全ての出店者が参加するシステムに変更。来場者による人気投票により、ガチンコで全国のご当地カレーナンバー1を決定する。

結果は2日目の19日(日)14時、記念艦三笠の甲板上にて発表。プレゼンターに上地克明市長を迎えての表彰式がおこなわれた。

優勝は「北本トマトカレー」、2位は「富良野オムカレー」、3位は「純サバカレー」!

Congratulation!

過去最多の来場者数とあって、特に2日目は昼前に完売する店舗が出たほどの大盛況。日本一のカレーの祭典の勢いは、まだまだとどまるところを知らぬ様子だ...!

【よこすかカレーフェスティバル特集 まとめ記事】

よこすかカレーフェスティバル 会場取材レポート 総まとめ記事

【よこすかカレーフェスティバル】会場取材レポート 総まとめ記事

2017年5月17日

【よこすかカレーフェスティバル 2019 レポート】

よこすかカレーフェスティバル 2019 「首都圏三大カレーの聖地対決」レポート

【よこすかカレーフェスティバル 2019】首都圏三大カレーの聖地対決 レポート

2019年5月22日

【イベント情報】

よこすかカレーフェスティバル 2019
■開催日:2019年5月18日(土)~19日(日)
■開催時間:9:00~16:00(※荒天中止)
■開催地:三笠公園
■入場料:無料
■横須賀市観光情報サイト「ここはヨコスカ」イベント情報掲載ページ:https://www.cocoyoko.net/event/curry-fes.html

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者/ライター。「AKIBA観光協議会」公認ライター。ピン芸でお笑いLIVEにも出演。食べ歩いた飲食店は4000軒以上。20年来の大競馬ファン。

NEW POST新着エントリー