【よこすかカレーフェスティバル】会場取材レポート 総まとめ記事

R0012821-3

神奈川県横須賀市が“カレーの街”を標榜した1999年に誕生した、日本最大級のカレーイベント「よこすかカレーフェスティバル」。大日本帝国海軍戦艦「三笠」が記念艦として永久保存されている「三笠公園」を会場に、名物ご当地グルメ「よこすか海軍カレー」や全国のご当地カレーが集い、フード提供と販売を中心に多彩なイベントが展開される。そんな“カレーの祭典”をレポートした記事のまとめページ!

【よこすかカレーフェスティバル 2019】

開催21回目となる2019年は、5月18日(土)と19日(日)の2日間開催され、総来場者数が過去最多の約65000人(※18日:約29000人、19日:約36000人)を記録。会場内は「横須賀市関連エリア」、「全国カレーエリア」、「カレーの街よこすかエリア」、「カレーバイキングエリア」、「首都圏三大カレーの聖地対決エリア」の5エリアに分かれ、計128のブースが出展。

「全国ご当地カレーグランプリ」レポート

北海道から鹿児島まで全国各地から、計50店が出店。例年はエントリー制だった「全国ご当地カレーグランプリ」に全ての出店者が参加するシステムに変更され、来場者による人気投票により、全国のご当地カレーナンバー1を決定した。

「首都圏三大カレーの聖地対決」レポート

首都圏でカレーイベントを実施する横須賀、神田、下北沢の3地域が集結し、各地域の代表店舗が「カレー焼きそば」をお題に対決。来場者による人気投票により、初代王者「KING of TURBAN」を競い合った。

【よこすかカレーフェスティバル 2018】

記念すべき開催20回目となる2018年は、5月19日(土)と20日(日)の2日間開催され、総来場者数が4年連続の5万人超えとなる約53000人を記録。会場内は「横須賀市関連エリア」、「全国カレーエリア」、「カレーの街よこすかエリア」、「カレーバイキングエリア」の4エリアに分かれ、計111のブースが出展。

「オリジナルカレーコーナー」レポート

「よこすか海軍カレー」を使用した軽食を販売する、地元事業者による店舗が多数出店。カレータコス、カレードッグ、カレーたこ焼き、カレーかき氷など、ニッチなカレーグルメが集った。

「よこすか海軍カレーVS横須賀海上自衛隊カレーバイキング」レポート

「よこすか海軍カレー」と「横須賀海上自衛隊カレー」の2つのご当地カレーが夢の競演。各9種類、計18種類のカレーから4種類を選んで700円という内容のカレーバイキングが実施された。

「ヨコスカネイビーバーガーコーナー」レポート

ご当地バーガー「YOKOSUKA NAVY BURGER(ヨコスカネイビーバーガー)」の誕生10周年企画として、カレーフェスだけれどもハンバーガーを販売しちゃいます!、というコーナーが登場。「どぶ板通り商店街」に店を構える2店舗が特別出店した。

【ヨコスカネイビーバーガー】全店舗取材レポート まとめ記事【ご当地グルメ】

2017年11月25日

「横浜DeNAベイスターズ 関連ブース」レポート

プロ野球チーム「横浜DeNAベイスターズ」の選手寮「青星寮」で、若手選手たちに長年愛されてきたカレーを提供する、「青星寮カレー」ブースが初出店。また、野外ステージでおこなわれているイベントに、ベイスターズのオフィシャルパフォーマンスチーム「diana(ディアーナ)」がゲスト出演した。

【よこすかカレーフェスティバル 2017】

開催19回目となる2017年は、6月3日(土)と4日(日)の2日間開催され、総来場者数が3年連続の5万人超えとなる約52000人を記録。会場内は「横須賀市関連エリア」、「全国カレーエリア」、「カレーの街よこすかエリア」、「カレーバイキングエリア」の4エリアに分かれ、計105のブースが出展。

「海上自衛隊カレーコーナー」レポート

「横須賀海上自衛隊カレー」を提供する市内の3店舗に加えて、長崎県佐世保市と広島県呉市の海上自衛隊カレーが出店。また、「横須賀海上自衛隊カレー」のレトルト商品も初お披露目された。

「全国カレーエリア」レポート

北海道から鹿児島まで全国各地から、計37店が出店。3日(土)の1日限定で「全国ご当地カレーグランプリ」も実施され、エントリーした23店の中から、来場者による人気投票により、全国のご当地カレーナンバー1を決定した。

「よこすか海軍カレーVS横須賀海上自衛隊カレーバイキング」レポート

「よこすか海軍カレー」と「横須賀海上自衛隊カレー」の2つのご当地カレーが夢の競演。各10種類、計20種類のカレーから4種類を選んで700円という内容のカレーバイキングが実施された。

「横須賀みやげ 関連ブース」レポート

“カレーの街”ならではのお土産品を取り扱う、地元事業者が多数出店。「よこすか海軍カレー」のレトルトカレーをはじめ、多彩な商品が販売されたほか、イベント限定の展示もおこなわれた。

【よこすかカレーフェスティバル 2016】

R0011107-1

開催18回目となる2016年は、5月14日(土)と15日(日)の2日間開催され、総来場者数が過去最多の約57000人を記録。会場内は「横須賀市関連エリア」、「全国カレーエリア」、「カレーの街よこすかエリア」、「カレーバイキングエリア」の4エリアに分かれ、計94のブースが出展。

「全国カレーエリア」レポート

R0015262-1

北海道から鹿児島まで全国各地から、計29店が出店。14日(土)の1日限定で「全国ご当地カレーグランプリ」も実施され、エントリーした21店の中から、審査委員による審査と来場者による人気投票により、全国のご当地カレーナンバー1を決定した。

「ハイスクール・フリート 関連ブース」レポート

R0012974-1

横須賀を舞台とするTVアニメ“はいふり”こと『ハイスクール・フリート』が初出店。カレーフェス限定グッズを含むキャラクターグッズの販売がおこなわれ、同作の公式コスプレイヤーもブースに華を添えた。

「よこすか海軍カレーVS横須賀海上自衛隊カレーバイキング」レポート

R0012303-1

「よこすか海軍カレー」と「横須賀海上自衛隊カレー」の2つのご当地カレーが夢の競演。各9種類、計18種類のカレーから4種類を選んで700円という内容のカレーバイキングが初実施された。

「よこすか海軍カレーパンバイキング」レポート

R0013962-1

「よこすか海軍カレー」を使用したカレーパン「よこすか海軍カレーパン」を販売する10店が出店。10種類の中から3種類を選んで500円という内容のカレーパンバイキングが実施された。

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者/ライター。「AKIBA観光協議会」公認ライター。ピン芸でお笑いLIVEにも出演。食べ歩いた飲食店は4000軒以上。20年来の大競馬ファン。

NEW POST新着エントリー