【新横浜】新横浜ラーメン博物館 館内施設レポート【2012年版】

ラーメン専門のフードアミューズメントパークとして1994年に開館した、“ラー博”こと、ラミューズメント・ミュージアム「新横浜ラーメン博物館」。

オープン以来、全国各地の人気ラーメン店が40店舗以上出店し、いまや神奈川県の一大観光スポットとなった、フードテーマパークの先駆け的存在である。

訪れた日は、真夏の昼下がり。この夏は二度と、もどラ~ない。

入場券を購入して、館内に入ると・・・

等身大のチャルメラおじさんが出迎えてくれる。

館内は3フロア構成となっており、1Fではラーメンの歴史や豆知識を紹介・展示、地階には全国各地の銘店9店舗が入居。

地階へと続く、旧駅舎を模した薄暗い階段の先には・・・

夕焼けに染まる、昭和33年の下町の街並みを再現した、ノスタルジー空間が広がっている...!

B1Fは長屋街+飲屋街というコンセプトで、ラーメン店3軒に加えて、喫茶店と駄菓子屋が入居。

駄菓子屋「夕焼け商店」には。

ふ菓子やせんべい、ラムネに酢イカ、といった駄菓子や。

クジ引きやお面、ビー玉にメンコ、といったおもちゃが約300種類並ぶ...!

・・・ぐるっと1周したところで、いよいよラーメン食べ歩きを開始ッ!

階段前に待ち時間案内表があり、各店の混雑具合を確認出来るのが便利だ。

全店舗で“はしご”用のミニラーメンも提供されているが、せっかくなので注文は全てレギュラーサイズのラーメンにすることにして、2日間に分けてラー博全店舗制覇を遂げるプランを立てた...!

1店目は、神奈川・藤沢発「支那そばや」。

自家製麺・厳選食材を使用したラーメンの火付け役となった人気店の出店舗だ。


醤油らぁ麺¥900-

看板メニューは「醤油らぁ麺」!

美しいッ...!

具材は、平田牧場三元豚バラ肉チャーシュー、完全発酵穂先メンマ、有明産海苔、京都産九条ネギ。

澄んだ醤油ベースのスープは、自社開発のラーメン専用地鶏「山水地鶏」と30種類以上の厳選食材を使用。雑味の無いすっきりとした味わいながらも旨味に深みがあり、かつ清流のようにさらっと通り抜ける...!

麺は天使の髪の如きツヤツヤのストレート細麺で、なめらかな口当たりとしなやかなコシで非常に上品。するすると食べ易く、啜ることに心地良さを覚えるほど!

まさに三位一体の美味さ。王道を往く見事な一杯だッ...!

2店目は、東京・新高円寺発「二代目 げんこつ屋」。

かつて都内に10店舗以上を展開した新高円寺の銘店「げんこつ屋」が、2007年の完全閉店から4年後、二代目が志を継ぎラー博限定で復活した店舗だ。


塩ら~めん¥850-

看板メニューは「塩ら~めん」!

具材は、チャーシュー、味玉半個、海苔、メンマ、刻みネギ。

スープは、枕崎産マグロ節と利尻昆布がメインの魚介系和風スープと、豚骨・鶏ガラがメインの動物系白湯スープをブレンドしたというWスープ!

そこに合わせる塩ダレは、数種類の岩塩や海塩をブレンドしたものだそうで、まろやかでコクがあり、どっしりとした力強い旨味を伝えるッ! 特に塩の風味に乗った魚介の出汁が強烈で、大波のようにぐわわー!っと押し寄せてくるような印象だッ...!

麺は加水率の高い中太ストレート。もちもちぷりぷりの食感で喉越し良く、塩スープと相性抜群ッ!

げんこつ握りしめて、美味いと叫びたいーッ!

3店目は、北海道・札幌発「らーめんの駅」。

人気味噌ラーメン店「純連」と「すみれ」の創業者による、ラー博限定出店の店舗だ。


味噌ラーメン¥900-

看板メニューは「味噌ラーメン」!

具材は、挽肉、チャーシュー、ネギ、メンマ、モヤシ、玉ねぎ。

肉がたっぷりーッ!

スープは、生白味噌をベースに火入れした味噌ダレと、豚骨×魚介を煮込んだスープを合わせたという超濃厚味噌! 濃度が高くコク深く超こってりで、炒めた挽肉と野菜の旨味も加わっており、強烈にどっしり力強いッ!

さらに、北国ラーメンらしく表面がラードの層で覆われており、いつまでも超アツアツ! かつ、生姜も効いていて超ポカポカ!

麺は、コシがあり&もちもちとした食感の中太縮れ麺。スープと絶妙に絡んで、がっしりと持ち上げるッ!

雄大な大地のパワー溢れる、心に響く一杯だッ...!

続いて、B2Fへの階段を下りる。

B2Fは縁日の露店が立つ広場というコンセプトで、ラーメン店6軒が入居。

露店には、昔ながらの瓶ドリンクや、ビール・サワー・ホッピーなどのアルコール類をはじめ。

おつまみ駄菓子や缶詰、かき氷やアイスキャンデーの販売に。

射的。

わなげ、の遊戯まである。

中央広場では、紙芝居や大道芸のパフォーマンスイベントも定期開催。

4店目は、熊本発「こむらさき」。

熊本ラーメンの元祖の一軒とされる、昭和29年創業の老舗店の出店舗だ。


王様ラーメン¥800-

看板メニューは「王様ラーメン」!

自家焙煎のローストニンニクチップがたっぷりッ!

具材は、チャーシュー、メンマ、ネギ、キクラゲ、細モヤシ。

スープは鶏ガラをブレンドしたという豚骨ベースで、マイルドでクセが無く、非常にあっさり&ヘルシー! そこに、香ばしいニンニクチップの風味が加わり、深みと力強さがプラスされている...!

麺はつるつるとした、喉越しの良いストレート細麺だ!

“火の国”のラーメンは勇ましさと、上品さを併せ持つ...!

5店目は、宮城・気仙沼発「かもめ食堂」。

2006年に後継者不在のため閉店し、2011年に東日本大震災により店舗跡まで全壊してしまった気仙沼の老舗食堂を、ラー博館内に再現する形で復活させた店舗だ。


気仙沼ラーメン 潮味(塩)¥800-

看板メニューは「気仙沼ラーメン 潮味(塩)」!

具材は、チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト、海苔。

気仙沼特産・秋刀魚の香油が表面にキラキラと輝く塩スープは、鶏ガラをベースに鯛干しや昆布などを加えたWスープ...!

塩ダレは帆立などの魚介類を丸2日間塩漬けにして、水&酒&昆布と合わせたものだそう。海が香る、まさに潮味だッ!

麺は加水率高めの、ぷりっとした中細縮れ麺!

ノスタルジックな味わいに乗って、三陸の潮騒が届いた気がした...!

6店目は、東京・渋谷発「麺の坊 砦」。

全国に多店舗展開する博多ラーメンの一大チェーン「博多一風堂」の流れを汲む、神泉の人気店の出店舗だ。


砦らぁめん¥750-

看板メニューは「砦らぁめん」!

具材は、チャーシュー、モヤシ、キクラゲ、九条ネギ。

豚頭のみを20時間煮込んだというスープは、豚骨特有のクセや臭いがほぼ感じられず、クリーミー&ライトであっさり! そこに、卓上の紅しょうが、クラッシュ生にんにく、辛子高菜をトッピングして、自分好みにカスタム出来るッ...!

麺は7種類の固さが選べて、「カタめん」をチョイスした。やや芯が残る程度にサクッと茹で上げた、極細ストレート麺は風味良い!

非常に食べやすく洗練された、都会系な豚骨ラーメンだなッ...!

1日目は、この6軒で食べ歩きを終了...!

〆は給食のあげぱんやビン牛乳を販売している露店、「ホームランベーカリー」で・・・


コーヒー¥110-

コーヒー牛乳を買って、ぐびっとな!

一時、未来へ帰る。

・・・そして翌日2日目は、B2Fの残りの3軒へ!

7店目は、福岡・久留米発「大砲ラーメン」。

豚骨ラーメン発祥の地・久留米にて、昭和28年に創業した老舗店で、九州に現在10店舗を展開する人気店の出店舗だ。


昔ラーメン¥780-

看板メニューは「昔ラーメン」!

具材は、チャーシュー、昔竹の子、ネギ、海苔、茹で玉子半個、豚脂の揚玉(通称カリカリ)。

屋台時代の復刻版というスープは、創業以来半世紀、継ぎ足し仕込みで豚骨のみを炊き続けた“呼び戻しスープ”。

豚骨の旨味と風味が凝縮されており、こってり濃厚でコク深く、それでいて素朴な味わいだ。そして、揚玉の香ばしさが後を引かせる...!

麺はさっくりと固めに茹で上げた、滑らかな低加水のストレート細麺!

直球の王道豚骨ラーメンに、原点の貫禄を感じた...!

8店目は、埼玉・川越発「頑者」。

極太麺+濃厚つけダレ+魚粉という現代つけ麺のスタイルを確立し、ブームの端緒となった人気店の出店舗だ。


つけめん¥900-

看板メニューは「つけめん」!

つけダレは鶏ガラ・豚骨ベースの動物系スープと、煮干し・鰹節などの魚介系スープを合わせたWスープ!

濃厚ながらサラリとしてキレがあり、魚粉がぷわーっ!と力強く香る。塩気&酸味のバランスが良く、飽きがこない...!

具材は、チャーシュー、煮玉子半個、ナルト、メンマ、ネギ、海苔。

麺は、ツルツルの自家製極太ストレート麺。もちもちとした食感で適度な噛み応えもあり、つけダレと相性抜群ッ!

〆のスープ割りでは、魚介の風味を再度強く感じられた!

これが元祖・豚骨魚介系の一杯。流石の完成度ッ...!

9店目は、山形・赤湯発「龍上海」。

昭和33年創業、札幌味噌ラーメンと同時期に本州初の味噌ラーメンを誕生させた老舗店の出店舗だ。


赤湯からみそラーメン¥850-

看板メニューは「赤湯からみそラーメン」!

レンゲに赤龍ッ!

具材は、チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト、青海苔、辛味噌。

スープは鶏ガラ×豚骨×煮干し出汁がベースで、味噌の仄かな甘味が優しく感じられる、じんわり素朴な味わい。青海苔の風味も良い...!

そして、中央にどーんと乗った辛味噌団子は、赤味噌に赤湯特産の唐辛子やニンニクなどをブレンドしたもの。

これを徐々にスープに溶かし込めば、唐辛子とニンニクがバシッ!と効いた、濃厚でパンチの強い味わいに変化するのだッ...!

麺は32層に折り重なった、平打ち縮れ太麺。ツルツルモチモチで、手揉みによる縮れの強い独特の食感が楽しい!

非常に個性的な美味さの一杯だ。吹き出す汗を心地良く感じるッ...!


アイスキャンデー(オレンジ)¥100-

無事に全店舗を回りきり、〆は露店でアイスキャンデーを買って、さっぱりとな!

・・・正直に言うと、足を運ぶ前は“テーマパークなり”のクオリティだろうと邪推していた。

実際はどの店のラーメンからも個性と主張がハッキリと感じられた上、老若男女が楽しめる空間作りも含めて、ラーメンという食体験をエンターテインメントへと昇華させている、施設の存在そのものに感動することとなった。

ラー博、素晴らしいな...!

こんな俺は、B1Fの銭湯・れんげ湯で心を洗い直そう・・・

ぬっ? 男湯が修復中!?

しょっ、しょーがないな。女湯に入るしかないじゃないか!! まったく、しょーがない!!

いざっ、桃源郷ぉぉぉぉぉォォォォォォォォォッッッッッッッッ!!!!!!!!!

・・・

というわけで、女湯が出口階段になっている・・・。

追記:2013年1月26日(土)、「大砲ラーメン」に代わり、高知・須崎発「谷口食堂」開店。

【新横浜】鍋焼きラーメン発祥の店!高知「谷口食堂」が限定復活【ラーメン博物館】

2013.02.02
追記:2015年2月18日(水)、「麺の坊 砦」に代わり、福岡・博多地区発「元祖 名島亭」開店。

【新横浜】澄み渡る極上豚骨スープ!博多「名島亭」が本州初上陸【ラーメン博物館】

2015.03.18

【新横浜ラーメン博物館特集 まとめ記事】

新横浜ラーメン博物館 全店舗グルメレポート まとめ記事

【新横浜ラーメン博物館】全店舗グルメレポート まとめ記事

2015.07.31

【施設情報】

新横浜ラーメン博物館
■所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜2−14−21
■公式サイト:http://www.raumen.co.jp/
■公式Twitter:https://twitter.com/ramenmuseum
■公式Facebook:https://www.facebook.com/raumenmuseum

【メンズコスメ】大人を磨く1本!ZIGEN 純石けんシャンプー&ボディソープ!
【お取り寄せグルメ】概念が変わる!森山ナポリは冷凍ピザ通販の革命だ!
【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見!
【メンズコスメ】敏感肌に優しい!ZIGEN オールインワンフェイスジェル!
【古着通販サイト】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!
【開運財布】金運の正体は機能性だ!老舗財布屋の小銭入れが超便利!
【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!

ABOUTこの記事をかいた人

「シグナル・ロッソ。」の中の人。役者・フリーライター。食べ歩いた飲食店は3000軒以上。20年来の大競馬ファン。ジョジョ4部・トニオさんのイタリア料理再現者。ゲスナー。

NEW POST新着エントリー