7/24(日)にお笑いライブに出演します。詳細はこちら!

【よこすかカレーフェスティバル 2016】よこすか海軍カレーVS横須賀海上自衛隊カレーバイキング レポート

本日5月14日(土)と明日15日(日)の2日間、旧日本海軍戦艦「三笠」が記念艦として永久保存されている、横須賀を代表する都市公園「三笠公園」にて、「よこすかカレーフェスティバル 2016」が開催されている。

「よこすかカレーフェスティバル」は横須賀市が“カレーの街”を標榜した1999年に誕生した、日本最大級のカレーイベント。

開催17回目の昨年は2日間で約51000人の来場者数を記録し、大盛況のうちに閉幕。

第18回目を迎えた今年は93事業者が参加、フード提供と販売を中心に多彩なイベントが展開された。会場内は「横須賀市関連エリア」、「全国カレーエリア」、「カレーの街よこすかエリア」、「カレーバイキングエリア」の4エリアに分かれており、計94のブースが出展。

会場最奥部、高さ18mのステンレス製モニュメント『平和のアーチ』が設置されている芝生広場の周辺、「カレーバイキングエリア」では。

「よこすか海軍カレーVS横須賀海上自衛隊カレーバイキング」と銘打ち、各9種類、計18種類のカレーから4種類を選んで700円という内容のカレーバイキングを実施。

明治期のカレーを現代に再現した名物ご当地グルメ「よこすか海軍カレー」と、海上自衛隊横須賀地方総監部の協力を得て、各護衛艦のレシピを地元の飲食店が忠実に再現した、昨年誕生の新ご当地グルメ「横須賀海上自衛隊カレー」の夢の競演だ...!

横須賀市内の同メニュー提供店舗、計18店が出店。

開始時間の9時には、なんと「記念艦 三笠」の艦首地点まで待機列が出来るほどの人気!

入場料700円を支払って。

ライス入りの専用皿を受け取り。

「よこすか海軍カレー」から2種類、「横須賀海上自衛隊カレー」から2種類、好みのカレーを選んで各ブースで盛り付けてもらうシステムだ。

じゃじゃーんッ!!

よこすか海軍カレー1種類目は、「ウッドアイランド カレーレストラン」の“カレーの伝道師が作る伝説のカレー”をチョイス!

牛肉と野菜の旨味がじーんわりと広がる、絶妙なバランス感と優しい味わい深さを持つ、匠のよこすか海軍カレー!

よこすか海軍カレー2種類目は、「横須賀食肉事業」の“国産牛肉使用のお肉屋さんの海軍カレー”をチョイス!

牛肉の旨味がガツンとパワフルで、レトロかつ男気溢れるパンチの効いた、まさしくお肉屋さんの海軍カレー!

横須賀海上自衛隊カレー1種類目は、「レストランLAUNA」の「潜水艦せとしお:せとしおカレー」をチョイス!

いえーいッ!!

もったりとしたペースト状で野菜がたっぷりと入っており、4種のルーのハーモニーと粗みじん生姜の風味、そしてスパイスの辛味がビシッと効いた味わい!

横須賀海上自衛隊カレー2種類目は、「レストランTSUNAMI」の「護衛艦てるづき:チーズチキンカレー」をチョイス!

昨年10月に開催された「海上自衛隊カレーフェスタ2015」で人気第1位獲得ッ!

オーブンで焼き上げた香ばしくやわらかなチキンが入っており、生クリームとチーズがまろやかさとコク深さを演出している、濃厚かつスパイシーな味わい!

他にも、海上自衛隊の基地内に店舗を持つ「あすなろファーム」のよこすか海軍カレーや。

カレーチェーン国内最大手、カレーハウス「CoCo壱番屋」が横須賀市内の3店舗のみ限定で提供しているよこすか海軍カレーを味わえたりと、バラエティ豊かなラインナップ!

“カレーの街よこすか”が、ぎゅぎゅっと凝縮された空間となっていた...!

なお、音楽噴水池の周囲には公園備え付けのベンチがあるほか、テーブルとイスも多数、臨時設置されている。

【よこすかカレーフェスティバル特集 まとめ記事】

よこすかカレーフェスティバル 会場取材レポート 総まとめ記事

【よこすかカレーフェスティバル 2016 レポート集】

よこすかカレーフェスティバル 2016 「ハイスクール・フリート 関連ブース」レポート

よこすかカレーフェスティバル 2016 「よこすか海軍カレーパンバイキング」レポート
よこすかカレーフェスティバル 2016 「全国ご当地カレーエリア」レポート

【イベント情報】

よこすかカレーフェスティバル 2016
■開催日:2016年5月14日(土)~15日(日)
■開催時間:9:00~16:00(※荒天中止)
■開催地:三笠公園
■入場料:無料
■横須賀市観光情報サイト「ここはヨコスカ」イベント情報掲載ページ:https://www.cocoyoko.net/event/curry-fes.html