シグナル・ロッソ。

役者・秋山駿によるグルメレポートを中心とした、東京都と神奈川県の地域情報発信サイト!

Arrow
Arrow
【特別記事】フリマガ編集長と秋葉原の街を語る
Slider

【グッズレビュー】岩下の新生姜 ミュージアムTシャツ【ファッション】

   

R0001113-1

秋葉原・末広町駅前のサカイ末広ビルB1Fにある、京風インターネットカフェ「和style.cafe(ナゴミスタイルカフェ) AKIBA店」にて。

R0001106-1

今年3月26日(土)~6月19日(日)の期間開催されていたのが、「岩下の新生姜」でお馴染みの「岩下食品株式会社」が運営する「岩下の新生姜ミュージアム」とのコラボカフェ、題して「岩下の新生姜ミュージアム in 秋葉原」

R0001205-1

signalrosso-nagomi26

R0001354-1

R0001311-1

「岩下の新生姜」を使用したフードメニューの提供に加えて、展示やアトラクション、昨年ネットユーザーを中心に大反響を巻き起こした「岩下の新生姜ペンライト」をはじめとする、「岩下の新生姜ミュージアム」限定オリジナルグッズの出張販売などが展開されていた...!

R0020509-1

そのオリジナルグッズの内のひとつが、現在は同ミュージアムと岩下食品のオンラインショップのみで取り扱っている、「岩下の新生姜 ミュージアムTシャツ」である!

R0020563-1

素材は肌触りの良い綿100%、コーディネートを選ばないチャコールグレーカラーで、男女兼用の全4サイズ(S/M/L/XL)!

R0020616-1

じゃーんッ!!

R0020667-1

フロントに“New Ginger”の文字と、昭和62年(1987年)の発売開始を意味する“ORIGINAL SINCE 1987”がプリントされた、スタイリッシュなデザインだ...!

R0020691-1

じゃじゃーんッ!!

R0020747-1

バックには同じく“New Ginger”と“ORIGINAL SINCE 1987”、そして“岩下の新生姜”の文字に、岩下食品の企業ロゴマークが添えられたデザイン...!

R0020784-1

このTシャツを着て「岩下の新生姜」を食べれば、ますます美味しく感じる、かもッ!?

R0020944-1

着用。

R0020988-2

バァーン。

R0020996-1

今日から俺も、新生姜Men's。

R0021008-2

なんじゃそりゃ。

【店舗情報】

京風ネットカフェ 和style.cafe(ナゴミスタイルカフェ) AKIBA店
■住所:東京都千代田区外神田6-14-2 サカイ末広ビルB1F
■営業時間:24時間営業
■定休日:年中無休
■公式サイト:https://nagomi-cafe.com/
■公式Twitter:https://twitter.com/nagomistylecafe
■公式Facebook:https://www.facebook.com/nagomicafe/
■和茶屋娘 公式HP:http://nagomi-chaya-musume.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでシグナル・ロッソ。をフォロー!

 - 【商品・アイテム】レビュー

 PR PICK UP!

【愛用中!】メンズコスメ ZIGEN(ジゲン) オールインワンフェイスジェル【通販限定】

【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!【使用中】

【古着通販】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!【ファッション】

 YouTube 秋山駿TV最新動画

特集記事

1
【ジョジョ】トニオさんのイタリア料理を再現してみた・改 まとめページ【第4部】

※トニオさんのイタリア料理を再現してみた、とは 漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第4部・コミックス第33巻に登場するキャラクター、イタリア料理人スタンド使いの“トニ ... 全文表示>>

2
【東京競馬場グルメ】レポート まとめ記事(フジビュースタンド)

競馬の祭典「日本ダービー」の舞台として知られる「東京競馬場」は、日本最大の公営ギャンブル場。収容人数22万人超、スポーツ施設としても世界第2位の規模を誇る広大な ... 全文表示>>

3
【中山競馬場グルメ】レポート まとめ記事(メインスタンド)

売上高世界一を誇る年末の風物詩「有馬記念」の舞台として知られる「中山競馬場」は、「東京競馬場」と共に日本を代表する公営ギャンブル場。収容人数約17万人の場内には ... 全文表示>>

4
【新横浜ラーメン博物館】全店舗グルメレポート まとめ記事

1994年の開館以来、全国各地から40店舗以上のラーメン店を招聘してきたラーメン専門のフードアミューズメントパーク、“ラー博”こと「新横浜ラーメン博物館」。食を ... 全文表示>>

5
【秋葉原みやげ】萌え菓子(痛菓子)+ネタ菓子レポート まとめ記事

日本最大の電気街であり、世界最大のオタク街、“聖地アキバ”こと秋葉原。2005年頃からのアキバブーム・オタク文化ブームによる大衆化も影響し、いまや多くの外国人観 ... 全文表示>>

6
【横須賀みやげ】レポート まとめ記事

農漁村から開国を経て異国情緒溢れる軍港の街となった、神奈川県横須賀市。近年は“カレーの街”としても全国的な知名度を得る横須賀の、市内中心部の注目スポットで発見し ... 全文表示>>