シグナル・ロッソ。

役者・秋山駿によるグルメレポートを中心とした、東京都と神奈川県の地域情報発信サイト!

Arrow
Arrow
【特別記事】フリマガ編集長と秋葉原の街を語る
Slider

例のペンライトもある!「岩下の新生姜ミュージアム in 秋葉原」取材レポート

   

R0001113-1

先月3月26日(土)より、秋葉原・末広町駅前のサカイ末広ビルB1F、京風インターネットカフェ「和style.cafe(ナゴミスタイルカフェ) AKIBA店」にて。

R0001106-1

「岩下の新生姜」でお馴染みの「岩下食品株式会社」が運営する「岩下の新生姜ミュージアム」とのコラボカフェ、「岩下の新生姜ミュージアム in 秋葉原」が開催されている。

R0001194-1

地下への石段を下りて、木製引き戸をガラガラと開けると。

R0001205-1

うおおー、いきなりNew Gingerッ!!

R0001213-1

受付前のエントランススペースでは、「岩下の新生姜ミュージアム」オリジナルグッズを販売。

signalrosso-nagomi28

R0001226-1

定番「岩下の新生姜」や、新生姜の漬け液「岩下漬けの素」をはじめ。

R0001322-1

「岩下の新生姜まんじゅう」、「岩下の新生姜ソフトせんべい」、「ご飯にかける岩下の新生姜」といった食品に加えて。

R0001250-1

「岩下の新生姜アルパカ」と「オリーチェアルパカ」のスーパージャンボサイズ、ビッグサイズ。

R0001303-1

同じく小サイズ、さらに「ノート(ミュージアムロゴ)」に「New Ginger Tシャツ(M/L)」などなど、約20点が揃う。

R0001311-1

もちろん、昨年ネットユーザーを中心に大反響を巻き起こした「岩下の新生姜ペンライト」もズラリ...!

R0001333-1

実物を初めて見たが、思った以上に迫力がある。

R0001265-1

また、以前ミュージアムに実際に飾られていた「土の中の新生姜」の展示や。

R0001278-1

新生姜の気持ちになれる!?、「ジンジャーヘッド」をかぶれるアトラクションも...!

R0001364-1

コラボエリアに限り撮影ok!

R0001354-1

じゃーんッ!

R0002086-1

なお、「ジンジャーヘッド」をかぶった写真を指定アドレスに送ると、「岩下食品株式会社」のホームページに掲載されるとのこと。目指せ1万ヘッド!

R0001387-1

ブース入口には、「ジンジャー♥神社」を再現。

R0001400-1

“鹿角生姜命(しかつののしょうきょうのみこと)”が祀られており、恋愛成就、夫婦円満、健康長寿、交通安全などのご神徳が得られるそうだ。

R0001453-1

R0001413-1

細かいことは気にしないように。

R0001441-1

なんと、絵馬掛け所まである!

R0001464-1

原寸大の岩下の新生姜パッケージの形をした絵馬に、願い事を書いて願掛けが可能だ。コラボ終了後、ミュージアム内の総本山に送られるらしい。

R0001479-1

初穂料100円で、おみくじだって引ける!

R0001490-1

和style.cafeでしか引けない、このコラボカフェのために用意されたオリジナル新生姜おみくじだ!

・・・大吉とは言わない。中吉、いや小吉、せめて末吉が当たりますように!!

R0001498-1

・・・小新生姜、だった。想像を超えてきた。

R0001519-1

そして、2~6名で利用可能な「LUXURY ROOM」は、スーパージャンボサイズのアルパカちゃんが出迎えるコラボルーム「新生姜の部屋」に変身中! ※18~22時は見学用に開放。

R0001556-1

ピ、ピ、ピ、ピンク!! めっちゃピンク!!

R0001545-1

うわ、おっさんが入っていいのかコレ。

R0001563-1

まるで“生姜姫の部屋”って感じの、超ピンキーなガーリー空間に仕上がっている。

R0001574-1

芳香剤「ジンジャーフレグランス~岩下の新生姜の香り~」が置かれており、新生姜の漬け液に浸かっている気分満点!?

R0001596-1

アルパカちゃんには、乗って遊べちゃうぜ!

R0001607-1

「岩下の新生姜」を使用したコラボメニューは、全11品提供。通常時と同様に、各室PCから注文するシステムだ。

signalrosso-nagomi26

R0001692-1

まずは、「岩下の新生姜」がまるまる1本どかーん!と入った・・・

R0001706-1ハイサワー with 岩下の新生姜¥280-

わ・る・な・ら ハイサワー♪を頂く。

R0001762-1

ぷはーッ!

R0001728-1

竹串に刺さった「岩下の新生姜」を合間にかじりながら、ぐびっとな! 酒とつまみが一体になった、味も見た目もユニーク過ぎる1杯ッ!

R0001747-1

おおっ、お盆の敷紙がコラボ仕様だ!

R0001783-1焼き鳥もも塩 with 岩下の新生姜¥260-

「岩下の新生姜」は、焼き鳥とも相性ばっちり!

R0001814-1

やわらかくジューシーなもも肉の脂を、ぶつ切りの新生姜がガリッ!とした食感のアクセントと共にさっぱりとさせてくれて、また次の一口を誘うッ...!

R0001853-1

美味いッ! 白米にオンザライスして、丼にしてもイケそうだッ!

R0001868-1ポテト with 岩下の新生姜タルタル¥370-

「岩下の新生姜」は、フライドポテトとも相性ばっちり!

R0001886-1

みじん切りの新生姜と和えた、ピンク色のタルタルソースにつけて・・・

R0001904-1

ほくほくの皮付きフライドポテトをパクパクッ! そりゃ美味いに決まってるッ!

R0001981-1岩下の新生姜カルボナーラ¥420-

「岩下の新生姜」は、カルボナーラとも相性ばっちり!?

R0001986-1

いやいや待て待て、流石にさ、流石にカルボナーラとは・・・

R0002060-1

うまーーーーーーーーーいッ!!!

R0001954-1

驚くことにコラボフード1品注文につき、「岩下の新生姜ペンライト」や「New Ginger Tシャツ(M/L)」などが当たる、くじまで引けちゃうという大盤振る舞い! ただでさえリーズナブルなのにッ!

signalrosso-nagomi27

R0001532-1

ちなみに、コラボルームの利用は男性2人組でも大歓迎だそうだ。むしろ男性2人組が大歓迎です!!大歓迎なんです!!、と女性店員さんが嬉しそうに語っていた。

R0001242-1

まさに、おいしくてヘルシーでワクワクするような“新生姜のあるシアワセ”が体感できる、実に楽しいイベントだ。これは岩下の新生姜ファンにならざるを得ないッ!

R0001339-1

コラボ期間は、5月1日(日)20:00まで!

R0001373-1-2

栃木にも来てネ!

※プレス取材の為、特別に店内及び店員さんの撮影許可を頂いています。

【店舗情報】

京風ネットカフェ 和style.cafe(ナゴミスタイルカフェ) AKIBA店
■住所:東京都千代田区外神田6-14-2 サカイ末広ビルB1F
■営業時間:24時間営業
■定休日:年中無休
■公式サイト:https://nagomi-cafe.com/
■公式Twitter:https://twitter.com/nagomistylecafe
■公式Facebook:https://www.facebook.com/nagomicafe/
■和茶屋娘 公式サイト:http://nagomi-chaya-musume.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シグナル・ロッソ。をフォロー!

 - 【地域】スポット・店舗レポート

 PICK UP PR!

【競馬グッズ通販】公式ショップのターフィー通販クラブはファン必見だ!【コレクション】

【愛用中!】メンズコスメ ZIGEN(ジゲン) オールインワンフェイスジェル【通販限定】

【簡単作成】印刷通販サービス ビスタプリントでフルカラー名刺を発注!【使用中】

【古着通販】ベクトルパークで人気ブランドのアイテムを格安購入!【ファッション】

 YouTube 秋山駿TV最新動画

特集記事

1
【ジョジョ】トニオさんのイタリア料理を再現してみた・改 まとめページ【第4部】

※トニオさんのイタリア料理を再現してみた、とは 漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第4部・コミックス第33巻に登場するキャラクター、イタリア料理人スタンド使いの“トニ ... 全文表示>>

2
【東京競馬場グルメ】レポート まとめ記事(フジビュースタンド)

競馬の祭典「日本ダービー」の舞台として知られる「東京競馬場」は、日本最大の公営ギャンブル場。収容人数22万人超、スポーツ施設としても世界第2位の規模を誇る広大な ... 全文表示>>

3
【中山競馬場グルメ】レポート まとめ記事(メインスタンド)

売上高世界一を誇る年末の風物詩「有馬記念」の舞台として知られる「中山競馬場」は、「東京競馬場」と共に日本を代表する公営ギャンブル場。収容人数約17万人の場内には ... 全文表示>>

4
【新横浜ラーメン博物館】全店舗グルメレポート まとめ記事

1994年の開館以来、全国各地から40店舗以上のラーメン店を招聘してきたラーメン専門のフードアミューズメントパーク、“ラー博”こと「新横浜ラーメン博物館」。食を ... 全文表示>>

5
【秋葉原みやげ】萌え菓子(痛菓子)+ネタ菓子レポート まとめ記事

日本最大の電気街であり、世界最大のオタク街、“聖地アキバ”こと秋葉原。2005年頃からのアキバブーム・オタク文化ブームによる大衆化も影響し、いまや多くの外国人観 ... 全文表示>>

6
【横須賀みやげ】レポート まとめ記事

農漁村から開国を経て異国情緒溢れる軍港の街となった、神奈川県横須賀市。近年は“カレーの街”としても全国的な知名度を得る横須賀の、市内中心部の注目スポットで発見し ... 全文表示>>